スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
VIETNAM(6)~ハイフォン
2006-08-31 Thu 02:20
最大の目的だったハロン湾も行ったし、ハノイで時間とられたぶん今からサパに行くのは無理そうだし、でもまだ三日余ってる。

というわけで、思いつきでカットバ島ってとこに行くことにした。

『歩き方』には大して詳しく載ってない。バイチャイから船も出てるみたいだが、朝早い便が一本しかないのでもう間に合わない。
すると、ハイフォンて街を経由するのが一番早く行ける。

というわけで、全く予定外のハイフォンで一泊することに。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

ハイフォンはベトナムを代表する港湾都市。日本で言えば横浜か。
ベトナム戦争の際は支援物資の受入拠点だったため、米軍の激しい攻撃に曝された街だそうな。

もちろん今はそんな面影もない。かといって街の規模は横浜と比べるべくもない。
なんてことはない、特に見どころもない平凡な街だ。

644852_1510511406s.jpg

ふつーの街並み。

つまんねぇ・・・。
こんなとこで一泊するのか。

土地柄、外国人はビジネスマンがほとんどらしく、バックパッカーは見かけない。
泊まった宿もわりと小綺麗なところ。

ただ、すごく感じよかったな。
スタッフはチャイニーズ(どうりで。ベトナム人はこんな感じのよい接客はしない)。スタッフのねぇちゃんと話し込む。ただ、発音は最初ほとんど聞き取れなかった。Japaneseなんて「ヤベニズ」だもんな。

特に見どころはないので、適当に街をぶらつく。
路上市場発見。

644852_490164659s.jpg

644852_588647283s.jpg

写真はつまらないけど、結構いろんなもん売ってた。籠にぎゅうぎゅうに詰め込まれた鶏・アヒルとか、その首チョンパとか。カエルとか。
市場、好きだ。楽しい。

適当にビール飲んで、ふ~らふらしながらフルーツ買って、宿でナイフ借りて食す。

644852_1072434543s.jpg

644852_1840584832s.jpg

果物は本当にうまい。

さ~て、明日早朝はカットバ島へレッツゴーひろみ!

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | アジア旅行記 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
VIETNAM(5)~ハロン湾
2006-08-30 Wed 23:52
さて、夜はなんにもない街バイチャイであるが、何と言っても世界遺産の絶景ハロン湾の拠点。ここを見にベトナムに来たと言って過言でない。

宿で知り合ったカップル、ヒロキくんとヒロコちゃんと一緒にクルージングの予約をした。三日くらいしてからすごくお邪魔なことをしてしまった自分に気づいた。

ものすごく反省したので許して欲しい。生まれてきてすまない。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

しゅっぱ~つ!

644852_273210636s.jpg

644852_1511632116s.jpg


ハロンわ~ん!

644852_416202856s.jpg

644852_2013964052s.jpg


ハロっ・・・!























携帯(カメラ)の電池が切れました。死にたい。

関連記事
別窓 | アジア旅行記 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
VIETNAM(4)~バイチャイ
2006-08-29 Tue 23:31
ベトナムエアで航空券再購入の手続きして、さっさとハノイは脱出。バイチャイ(ハロン湾の安宿街)を目指す。

まずバスターミナルまで行かにゃなりません。

バイクタクシーは大抵まともに目的地には着かない。「ここのご飯はおいしい。一緒にどう?」とか「ここはグッドサウナ!」とか寄り道する。

その度に「目的地に行かないならお代は払いませんのでよろちくび!」などと言って乗り捨てる。そうやって3~4台乗り継いでると、だいたい目的地の近くまで来られる。しかもタダ。めでたい。

ところが、このバスターミナルがすごくわかりづらいところにあり、どうしても見つからない。
その辺の人に道を聞くが・・・。

あのうまだハノイ市内なのに、誰一人「bus terminal」すら通じないんですけど。
結局2時間近く徘徊してバスターミナル発見。死ぬ。

徘徊している間に仲良くなったノラにわとりさん。

644852_403871833s_convert_20080224233208.jpg

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

ハロン湾へはハノイから腐るほどツアーが出ているのだが、僕はツアーが嫌いなんである。
地元の人間と同じ空気を吸ってこその「旅」だと思っている。ローカルバスでちんたら移動。外国人僕だけ。
車中で「え?お前ベトナム人じゃないの?」と言われ続けた。おとうさんおかあさん、エキゾチックな顔に生んでくれてありがとう。

ハノイでバスターミナルが見つけられず散々迷ったので、バイチャイに着いたのは夜7時過ぎ。当然ハロン湾の景勝は闇の中。

しょぼい。真鶴の民宿街並み。
やることないので、ホテルのスタッフとか果物売りのおばちゃんとずっと路上で喋ってた。

644852_2443257324s.jpg

関連記事
別窓 | アジア旅行記 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
VIETNAM(3)~昼間のハノイ
2006-08-29 Tue 07:19
僕の場合、下らないことかも知れないが、旅の成否はバイク借りられるか否かで決まる。
異国の空の下をバイクでかっ飛ばすだけで、単純に楽しいもんである。

しかし、ここハノイの交通量の多さは尋常でない。
空気がすこぶる悪い。鼻毛がすくすくと伸びる。
「わんぱくでもいい。たくましく育って欲しい」って丸大ハムの人が言ってました。

↓バイクの上から撮影。

644852_1586058807_convert_20080223065618.jpg

あのう何ですかこれ。
なんとなく「機銃掃射」という四字熟語が浮かんだ。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

644852_1588913018s.jpg

ハノイの裏路地。


644852_2866283990_convert_20080223065713.jpg

東河門。旧ハノイ城の城門。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

644852_4275043337s.jpg

644852_3894566847_convert_20080223065731.jpg

ホアンキエム湖畔のカフェで一休み。
やっぱり春巻きがうまい。
この湖の北一帯が安宿街である。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

644852_4128581074.jpg

ネコ耳付きの傘をさすおばさん。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

644852_580916189_convert_20080223065459.jpg

街のあちこちで青空床屋が営業。
(公開処刑じゃないです)

関連記事
別窓 | アジア旅行記 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
VIETNAM(2)~ハノイの夜②
2006-08-28 Mon 07:58
波乱の幕開けとなったハノイ初夜。熱気渦巻く街並みはアジアの大都市全てに共通するものであるが、ベトナムは何しろ交通量(バイク)が異様に多い。大量のバイクが排気ガスをぶちまける傍らに無数の出店と食堂が。

644852_4101945637s.jpg

ここが僕がデジカメと航空券をスられたドンスアン市場前の歩行者天国。
スリに遭ったあと、ここには計五回行った。
なんか知らんが、何かと闘わなきゃいけない気分だった。我ながら精神年齢低いと思う。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

644852_3374220622s.jpg

644852_605278543s.jpg

ここの食堂がすごく気に入って、何度も足を運んだ。
客引きの子供(十歳くらいか)が実によく働く。日本の子供とはえらい違い。
すぐに仲良くなって、僕が行くと必ず真っ先に出迎えてくれた。
いい面構えしてる。
仲良くなったので「写真撮らせてよ」って言ったら、「やだよ!」って断られた(笑)。

余談だが、タイのカオサン通りとかとは違って、夜中12時くらいまでには全ての店が閉まる。んで、そのあと子供たちが通りに出てきて、バトミントンしたりサッカーしたりしてる。
そうか。こいつら朝から晩までずっと大人の手伝いしてるんだ。
だから夜中しか友達と遊ぶ時間ないんだな。

「日本の子供は勉強しすぎでかわいそう」とか「遊ぶ時間が無くてかわいそう」とかよく言われるけど、果たしてそうだろうか。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

644852_2186308686s.jpg

644852_2282389269s.jpg

ここの名物、ハト料理。
最高。僕らが喰い慣れてる鶏肉とは少し味が違くて、まるごとレバーみたいな感じ。

関連記事
別窓 | アジア旅行記 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
VIETNAM(1)~ハノイの夜①
2006-08-27 Sun 02:27
今朝成田からハノイへ。
友人から聞いていた通り、ベトナム航空の客室乗務員さんたちにはかなりの美女がいて、熱く燃えた。

ただ数名
「あっ浜口京子だ」
「蟹江敬三?」

と思う人もいて、世の中なかなかうまくいかないものだと思った。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

さてさて。タイの場合バンコクが嫌いということもあり、

首都=都会=つまらん

という偏見を持っていた僕ですが、ハノイはなかなかどうして。猥雑な感じが結構好きかも。到底首都とは思えないような暮らしぶりをしている人達が結構いる。

僕が今いるところは安宿が密集している地域で、あるストリートが土日は歩行者天国になって、マーケットが開かれる。
ナイスタイミング。俺ってやっぱ神の子って思って、さっき行って来た。
一時間くらいぶらついただろうか、かなり人間がすし詰めになったところにさしかかったとき、オバサンと数名のガキが僕にぎゅうぎゅう押しついてきた。
「しまった」と思った次の瞬間、もうポーチは開かれており、デジカメと航空券(後者が痛い)が抜き取られていた。

うわーん。

パスポートと財布が無事だっただけラッキーだったと思うべきか(この二つはチェーンで雁字搦めにしてある)。

デジカメは買えば済むとして、航空券は再購入になるわけだが、果たして空席があるだろうか。
9/3までに帰らないと大変なことになるわけだが。

すぐ近所にベトナムエアのオフィスがあるので、明日さっそく行って来ようと思う。

やれやれ、僕の英語がどれくらい通じることやら。
こういう時に限って旅行保険に加入してないというのも悲惨。

関連記事
別窓 | アジア旅行記 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
変態嗜虐ショー
2006-08-20 Sun 18:08
今年の甲子園は面白い試合が多かったらしく、仕事でほとんど見られなかったのが残念だが、今日の決勝戦は見ることができた。

毎年思うことだが、高校野球はプロ野球の数倍面白い。
たとえば今大会の帝京vs智弁和歌山のような試合が、プロであり得るかというと絶対にない。
   
帝   京 0 0 0 2 0 0 0 2 8 ー 12
智弁和歌山 0 3 0 3 0 0 2 0 5Xー 13

http://www.sanspo.com/baseball/highschool/06summer/score/20060817_2.html

テレビを見てて気付いたのだが、そうそう、早実のエースは斎藤くんだった。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

今年のセンバツ大会、準々決勝で早実と横浜が対戦。
早実のエース斎藤は前日も引き分け再試合を完投しており、この日までにすでに三連投、500球近くを投げていた。
結果は13-3で横浜が大勝したわけだが、全く喜べなかった(僕は横浜育ち。横浜高校のわりと近くに住んでました)。
これだけ点差がついた試合で、しかもまだセンバツで、早実の監督は斎藤を交代させなかった。

試合後のインタビューで、勝った横浜・渡辺監督の方が神妙な面持ちだったのが印象的だった。渡辺監督の口から出るのは、斎藤の肩を慮るコメントばかりだった。

「熱投むなしく散る」とかなんとか、浅薄な美辞麗句を並べることは容易なのだが、この変態嗜虐ショーは何たることか。
ローマのコロッセオよろしく、人間を猛獣に喰わせて喜ぶ観客と何が違うのか。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

今日の決勝戦。

駒大苫小牧 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 ー 1
早稲田実業 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 ー 1

http://www.sanspo.com/baseball/highschool/06summer/score/20060820_1.html

闘志剥き出しの駒大苫小牧・田中と、高校生離れしたポーカーフェイスの早実・斎藤の投げ合いは、本当に見応えがあったが、途中から全く楽しめなくなった。

どちらが勝ってもいいから早く終われ、と念じ続けた。

まだ高校生の斎藤は本望であろう。燃え尽きることに何の躊躇もないと思う。
だが、周りの大人はどうか。

バットの重さの規制を変えたり、両耳付きのヘルメットを義務化したり、投手の健康診断を実施したり、そんな下らないことよりも、やらなければいけないことがあるだろう。

口では選手の体を気遣うようなことを散々言っておきながら、たった数日、大会日程を延ばすことが何故出来ない。

今までどれだけ選手を潰してきたか、高野連は自覚があるのか?
日本の野球の人的資源を最も食いつぶしているのは、高校野球だ。


明日の再試合は見ない。見るに耐えない。

関連記事
別窓 | 野球 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
マーティー・ブラウン
2006-08-12 Sat 12:51
広島カープ、ブラウン監督のコメント。

黒田が打球を右手で止める執念を見せた。「咄嗟にいった。なんとか投げられそうだったけど、監督に冷やせと言われたので」
ブラウン監督は「彼は手を切っても、ケツの穴で投げられただろう。それぐらいいい投球をしていたよ」とジョーク交じりに絶賛した。 (サンケイスポーツ)


どうやってケツの穴で投げるのか、超真剣に考えた。おそらく空気鉄砲みたいに、肛門にボールを突っ込んで屁で飛ばすと思われる。

黒田なら出来るかも知れないが、その前に退場になると思う。
マウンドで力む黒田に、我々頭の弱い中年ファンは快哉を叫ぶだろうが、子供たちが見てる。
それを捕球するキャッチャー倉も気の毒だ。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

ところで、最近ビックリマンチョコをよく買う。プロ野球シールを集めている。
いい年してバカじゃないのとか言わない。

644852_892649248s.jpg

左から和田・松坂(西) 亮太(ヤ) 三浦・種田(横) 俊介(ロ) 斉藤(ソ) 金村(日) 金本(神)。
上原も当たったのだが速攻で捨てた。
金本はこれから燃やす予定。
むろん前田シールのみが目当てなのだが一向に当たらない。腹が立つ。


これなんか、まぁ似てると思うが、

644852_4039423647s.jpg


納得いかないのがこれだ。西武・和田。

644852_1161771365s.jpg




















ハゲてない。
ハゲてないよ。
なんでハゲに描かないの。ねぇなんでなんで。

薄毛団体から抗議が来ましたか。「薄毛さんにも人権を!」って。

人権も結構だが、これじゃ「和田」って言われないとわからないと思う。

髯のない関羽のようなものだ。
人権の前に、アイデンティティの危機。

関連記事
別窓 | 野球 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
あの感動をもう一度
2006-08-04 Fri 08:24
http://www.youtube.com/watch?v=odlsbUQoQSM&feature=Views&page=1&t=t&f=b

ネパール人じゃないです。ARASHI MORITOMOさんである。
個人的にすごくツボ。

き~み~が~はぁ、よ~うぉううぉうわはぁ~
すごい破壊力。万世一系、百二十四代の天皇家の祖霊も(°Д°)である。

それにしても、大毅はハウンドドッグを熱唱し、興毅はT-BOLAN呼び出し。
しぶい。しぶすぎるよ。

次は虎舞竜の予感。

関連記事
別窓 | スポーツ | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
T-BOLANに想う
2006-08-02 Wed 08:17
亀田の試合を見た。
なお、T-BOLANの人の「君が代」に日本列島が爆笑の渦に巻き込まれたことは想像に難くない。よいコントを見させて頂いた。
T-BOLANが右翼団体に襲撃されないことを祈る。

基本的に言葉遣いすらまともに出来ない人間は嫌いなんですが、今日の試合後の亀田には1ミクロンくらい感動した。秀樹カンゲキ。

まぁ亀田三兄弟はまだ若いし、これからちょっとずつ大人になっていくと思う(※)。十年後、「シャー」とか言ってる自分のビデオを見て赤面することであろう。

 (※)親父はもう手遅れ。誰か良い医者を紹介してあげて。

そもそも「シャー」てなんだ。エイリアンですかよ。
せっかくなら「シェー」って言って欲しい。


「ほならみんな!いくで!!」

「シェー」


ほらなんか楽しそう。


・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。


亀田も晴れて世界チャンピオン。おめでとうございます。

話変わって、イチローを「生意気だ」とか言ってる凡人さんをよく見かけるが、屁が出る。
彼は結果を出してるんである。しかも未だかつて何びとも成し遂げたことがなかったほどの。

ミジンコがティラノサウルスの論評をしているようなものだ。
ミジンコさんには(もちろん僕もその一人)「身の程」という言葉を教えてあげたい。国語辞典の「み」のところに載ってます。

「君にはどんな芸があるの?」と問いたい。
「君は今までイチローの何千分の一、努力しましたか?」とも言いたい。

今日亀田は「生意気」を言う権利は充分に得たと思う。
ただ「結果」を出す前に言っちゃ駄目なんだよな。


人間の格って、そういうところに顕れると思う。

関連記事
別窓 | スポーツ | comments : 2 | trackbacks : 0 | ↑top
| 生意気言ってすみませんでした |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。