スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
猫殺し
2006-09-22 Fri 19:27
すごく難しい問題だと思う。

http://www.j-cast.com/2006/08/21002622.html

僕も人間より動物の方に愛情を感じるタイプの人間だ。人間の子供に「無条件の親愛」を抱くことはないが、街で散歩している犬を見ると条件反射的に目元が緩む。

動物は喋れない。だからこちらから心を配ってやる必要がある。
どんなに躰が苦しくても「痛い」「辛い」とは言えないし、人間のように苦悩を吐露することもできない。
苦悩を外に吐き出せるぶん、人間はどんなに救われていることか。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

何故こんなに動物好きなのか、自分なりに考えてみたことがあるのだが。


僕は飼っていた鳥を殺したことがある。


まだ品川に住んでいた頃だから2、3歳だったと思う。
まだ朝早くて母は寝ていた。僕は鳥籠から文鳥を出して遊んでいた。
理由は自分でも全く分からない。と言うより理由なんか無かったんだと思う。
文鳥を、ぎゅーっと握った。力を込めて。

ぎゅー。ぎゅーーー~~~。

そのうち文鳥は動かなくなった。
「ねぇ・・・。ねぇっ!」と必死に揺さぶっても、もう文鳥が目を開けることはなかった。
僕は火がついたように泣きわめき、母を必死になって起こした。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

普通、2~3歳頃の記憶なんてほとんどない筈なのだが、この時のシーンだけが異常な鮮明さで今でも脳裏に焼きついている。
その後もそれはもういろんな動物を飼ったが、天寿を全うさせてやったものもあれば、飼い方が悪くて早く死なせてしまったものもある。

僕が異様に動物好きなのは、きっと最初に殺してしまった文鳥、その後死なせてしまった動物たちへの強い贖罪の念からなんだと思う。
僕は、今生きている動物を愛することで、死んだ彼等に詫びているんだと思う。

中でも最愛のペットは、十年以上を一緒に過ごしたヨークシャテリアのモコちゃんと、マルチーズのマミちゃん。
僕んちは諸事情により、ひとりっこの僕は毎晩一人で留守番をしなければならなかった。
おまけに窓を開ければ墓地(笑)。怖くて仕方がない。

そこで両親にせがんで犬を買ってもらった。
初めてうちに来た時の彼女たちが、どんなに愛らしかったことか。
毎晩僕は彼女たちと心ゆくまで話をし、遊んだ。もちろん一緒の布団で寝た。
親は信用できなかったが、彼女たちは信用できた。

モコちゃんは15歳まで生き、僕が24歳の時に天に召された。
3歳若いはずのマミちゃんは、その三ヶ月後にあとを追うように逝ってしまった。

運命みたいなものを感じた。

僕が死んだら、彼女たちの遺骨は絶対に僕の骨壺に入れてもらう。これだけは絶対にやってもらう。
そんなもの人間の墓には入れられないと言うのなら、入れてくれなくて結構だ。
一緒に野にでも山にでも散骨してくれ。

あぁ、今こうしてタイプしてても涙が出て来る。
悔しい。ずっとずっと、ずーっと生きてるもんだと思ってた。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

「私は人が苦手だ。人を前にすると緊張する。人を愛するのが難しい。だから猫を飼っている。そうして人に向かうべき愛情を猫に注ぎ、わずかばかりの愛情世界をなんとか保持している。飼い猫がいるからこそ、自分の中にある「愛情の泉」を枯渇させずに済んでいる。だから私が猫を飼うのは、まったく自分勝手な傲慢さからだ。
さらに、私は猫を通して自分を見ている。猫を愛撫するのは、自分を愛撫すること。だから生まれたばかりの子猫を殺す時、私は自分も殺している。それはつらくてたまらない」


この坂東眞砂子の謂いが本心から出たものなのか、炎のように噴き出した批判に対する単なる自己弁護なのかは知らない。

「避妊も、生まれた仔猫を崖から落とすのも、結果は同じではないか」というのも、理屈としては確かにその通りだ。

しかし「表現の仕方」が間違っている。
結果は同じでも、母猫の目の前で生まれたばかりの仔猫をなぶり殺すという、その「表現の仕方」が間違っている。

例えば右翼の街宣車。
右翼思想の是非はさておき、あの、ラウドスピーカーからけたたましく垂れ流される騒音に、まともに耳を貸す人がどれだけいるか。

「動物愛護」でも「嫌煙運動」でも「エコロジー」でも何でもいいが、「ごりっぱ」な思想を盾に他人に毒づくしか能のない連中には、そこのところをよく考えてもらいたい。


表現の仕方を間違うと、どんなに崇高な思惟も、腐った糞尿の如きものに化す。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
松井と日本文化
2006-09-14 Thu 19:24
今日から松井が復帰。スタンドからは惜しみない拍手の嵐。
GODZILLA RETURNS!のプラカード。

しかし彼ほど欠点のない人も珍しい。顔と無類のAVコレクターであること以外完璧である。

(松井とAVの関係については、以下のサイトに詳しい)
http://www.geocities.jp/web_gaucho/okano/okano02.html
http://av_shisyo.at.infoseek.co.jp/


野球選手としての資質は言うまでもないが、スーパースターであるにも関わらず決して驕慢な態度は見せない。マスコミのどんな質問にも真摯に応じ、サインをねだるファンにも嫌な顔一つしない。
謙虚で誠実で礼節を重んじる。ユーモアもある。

彼は古き良き日本人なんだと思う。そしてアメリカに渡ってからもその姿勢は揺るぎない。真っ直ぐに伸びた「背骨」を感じさせる人だ。
彼を見ていると、日本人はもっと己の文化に自信を持つべきだと思う。
亀田とか、松井のウンコの繊維でも煎じて飲むべき。

亀田の対戦相手、ランダエタの言。

「日本のマスコミはどうして彼のような人を持ち上げるのでしょう。
 ベネズエラでは考えられないことです」

これって一昔前は日本人が外国に対して感じてたことではないのかな。
恥ずかしいことだと思う。

今日のヤンキースタジアムのスタンディング・オベーションは、「日本人・松井」をアメリカ人が心から称賛している証だと思う。随分とアメリカナイズされたイチローとはまた別の趣がある。



そんな松井の心に残る一言。

























「僕から野球を取ったらAVしか残りませんよ」

(9月11日のインタビューより)

関連記事
別窓 | 野球 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
VIETNAM(9)~香寺
2006-09-03 Sun 19:03
ベトナム最終日。再びハノイに戻る。
ツアー参加は嫌いなので、とりあえずバイクを調達してハノイ郊外に出てみた。

バイクに乗っているベトナム人は皆、例の三角笠にサングラス、鼻と口には布を巻いていて、まんま月光仮面なんですな。
それを見てゲラゲラ笑っていたのだが、ようやくその理由が分かった。

日本とは比べものにならない、真上から皮膚に射込んで来るような日差しを防ぐというのもあるが、それより何よりものすごい砂埃。
郊外の大通りはさながら砂嵐である。目など全く開けていられない。

おまけにベトナムには交通標識がほとんどない(英語表記のものは特に)。
完全に迷子になる。これ以上走るとハノイに戻る自信がない。

というわけで自力で郊外を散策するのは諦め、やむなく香寺(Perfume Pagoda)へのツアーに参加することにした。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

6246013_106769189s.jpg

手漕ぎ舟で川を進む。
写真は涼しげだが、実は日陰がないので灼熱地獄。
同行のポーランド人死んでた。
「俺の国は冬は-20℃なのに~!!」と言ってた。


6246013_716419377s.jpg

いかにもベトナムな風景。


6246013_1104544004s.jpg

6246013_1400269783s.jpg

洞窟の中に寺院がある。神秘的。

6246013_456274575s.jpg

6246013_2994806724s.jpg

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

ベトナム。隣国タイとは全く気質の違う国だった。
人々の気性が結構荒い。絶対に譲らない。何度も掴み合いになった。
中国・フランス・日本・アメリカと、常に侵略されてきた歴史を持つ彼等にとって、西側の人間は所詮敵なんだろう。
そういうところは、さすが歴史上で唯一アメリカに黒星を付けた国なんだなぁって思った。

闘争心に火を付けたい人は、是非行ってみて下さい。

関連記事
別窓 | アジア旅行記 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
VIETNAM(8)~カットバ島②
2006-09-02 Sat 03:41
カットバ島二日目。

773096_3460394359s.jpg

773096_75420555s.jpg

773096_3237111843s.jpg

島のあちこちにベトナム戦争時のほら穴がある。ベトナム兵はこういう所に隠れて米軍を迎え撃ったわけですな。
中はかなり広く、迷路のように入り組んでおり、沢山の部屋があり、結構興味深かった。
突然現れてガイドし始めたおっさんの解説も面白かった。
案の定法外な金額を要求してきたので、カラテポーズで威嚇してしのいだ。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

港にて。

773096_3187246065s.jpg

カジキ売ってるよ・・・。

「ヘイ、ジャパニーズ!買ってかないか?」
「こんなデカいものを旅人の僕にどうしろと?バカですか?」

などと爽やかな会話をする。


ちなみにこれが湾の全景。
海の上にいっぱい浮いているもの、何だと思いますか。

773096_2118001070s.jpg

答はのちほど。


港をブラブラしてると、竹で編んだ小舟に乗った人達に声をかけられる。
湾内を小舟で1時間ほどまわってくれるそうな。
面白そうだから乗ってみた。

773096_565459007s.jpg

20,000ドン(150円くらい)払って、レッツゴーひろみ!
・・・と思ったら、笑顔でベトナム人の知らんおっさんが勝手に乗り込んできた。

なんだこのやろう。俺が金出して雇った舟だぞ。


おっさん。

773096_3074944421s.jpg

写真では分かりづらいが、鼻毛も耳毛もこれでもかと言うほど出ていたので、面白いから乗せてあげることにした。
一九分けがまぶしい。

ベトナム語で喋り続けるおっさん。何言ってるか分からんので鼻毛見てゲラゲラ笑い続ける俺。
不毛なコミュニケーションに、潮風が心地良い。

773096_1360887838s.jpg

なんかこの写真だと僕がおっさんをいじめているように見えますが、それは誤解です。


そうこうしているうちに、一艘の大きな船に横付けする。
おっさん乗り込む。

そう。さっきの写真で海の上に無数に浮いていたのは、「海上生活者」たちの住居なのであった。
船で生活していたり、筏の上の掘っ立て小屋に住んでいたり。
このおっさんは海上生活者で、自分ちまでの交通費を浮かせるために僕の舟に乗り込んだのであった。


おっさん:「お礼に中を見せてやるよ。おいで!」
(たぶんそんなことを言っていたんだと思う)。


正直ちょっと躊躇した。
船の上というのは危険なんである。

というのは、船に乗ってしまうと絶対に逃げられない。
しかも船の中には当然ながらおっさんの仲間がうようよいる。
タカられたら終わりである。

(余談だが、僕の友人はこないだタイのチャオプラヤ川のボートの上で恐喝に遭っている。
 アジアを旅する人は気を付けましょう)


まぁいいや。乗っちゃおう。

皆さんお食事中でした。

773096_844255868s.jpg

おっさんがものすごく汚ねぇポリバケツを取り出す。
最初、燃料が入ってるのかと思った。
それをとんでもなく汚ねぇ金属製のコップに注いで、「飲みなよ!」と勧める。

燃料じゃなくて、酒でした。
これも危険なんですが、飲んじゃいました。なにこの酒。超強いんですけど。

(いちおう言っておきますが、これも危険なので真似しないで下さい。薬盛られてたら終わり)

まぁ海上生活者の生活ぶりが見られたのは面白かった。
バイバイおっさん。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

他の海上生活者の家。

773096_4175230441s.jpg

犬とか飼ってる人もいる。


773096_3456563652s.jpg

あのう危ないですよ・・・。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

【追記】

夜、疲れたのでマッサージ屋に行った。

「ここ普通のマッサージ屋だよね?」
「勿論だよ、ミスター!!」

兄ちゃんについて行くと、薄暗い裏路地へ。
怪しい螺旋階段を昇っていく・・・。
この時点で「あ~やられた」と思った。


四階か五階くらいまで昇って部屋に入ると、


ピンクの照明におねいちゃん数名。


・・・やっぱし。


「ヤベェな。こういうトコの兄ちゃんてケンカ強そうだな」と思ったが、なんか気が大きくなっているせいか、日本語でブチ切れてみた。
押し問答の末、なんとか解放してもらえた。

ベトナムの売春てこういうトコでやってるんだ。
ある意味勉強になった。
(ベトナムは社会主義国であるからして、おおっぴらに風俗営業はできない)



念のため言っておきますが、ヤってません。

関連記事
別窓 | アジア旅行記 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
VIETNAM(7)~カットバ島①
2006-09-01 Fri 02:34
翌朝、ハイフォンから高速船でカットバ島へ。
船着き場周辺に宿が沢山あるので、とりあえずチェックイン。

部屋のバルコニーからの風景。オーシャンビュー。
これで1泊12ドルなら安い。

773096_385565177s.jpg


湾内にはこんな海上レストランもあって、なかなかよさげだ。

773096_3906299896s.jpg


バイクタクシーなんか馬鹿馬鹿しくて乗ってられないので、適当にバイクを調達しようということで、宿の近くのインフォメーションに行って訊いてみる。

「バイタク嫌いだから自分で運転したい。バイク貸して」
「じゃあここのバイク貸してやる。1日7ドルで」
「7ドルじゃ高いから4ドルにしてちょんまげ!」

って言ったら、本当に4ドルになった。めでたい。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

南北18kmしかない島なので簡単に島中まわれる。道路ほとんどないし。
ここから先はガイドブックには載ってない。

島の風景。

773096_4100540644s.jpg

773096_1258008261s.jpg

773096_1367125568s.jpg

773096_2833393904s.jpg


よさげなビーチを見つけたので、砂浜に下りてみる。

773096_3876761933s.jpg


さてこれは何でしょう。ウンコじゃありません。

773096_208563779s.jpg




773096_2553485791s.jpg

浜辺でトビハゼがいっぱい跳ねてる。
こういうの、ちょっと感動する。


773096_3996146110s.jpg

島の端っこまで来たら、砂嘴発見。突入してみる。
そこの村がよさげだった。みんなのんびりしてて、笑顔で。
いろんなところにいろんな人達の生活があるんだな。

773096_1009420369s.jpg

773096_44740790s.jpg

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

773096_2071504240s.jpg

宿街に戻って夜食。西洋人が多いのでそれっぽい店に入ってみる。たまにはまともなもの喰おう。
ベトナムでなぜかタイカレー。

773096_2093436725s.jpg

↓これうまかった!今回の旅行で一番うまかった!
餅米とマンゴーのスライスにココナツミルクかけたやつ。
これなら自分で作れそう。

773096_573318190s.jpg

関連記事
別窓 | アジア旅行記 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
| 生意気言ってすみませんでした |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。