スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
何のための優勝か
2006-10-29 Sun 22:33
日ハムからヒルマン・新庄・小笠原・岡島が一気に居なくなる可能性が出てきた。
心から気の毒に思う。

まぁヒルマンより優秀な監督を見つけるのは不可能ではないし、岡島なぞ讀賣の薄汚いDNAをどっぷり受け継いでる輩であるから、移籍しようがおならで空を飛ぼうが別にいいのだが、小笠原が移籍でもしようものなら途轍もない痛恨事だ。

数字や戦力の問題ではない。
ジーン・シモンズがいないKISSをKISSと呼べるだろうか?
スティーヴ・ハリスがいないIRON MAIDENなんてあり得るだろうか?
ニッキー・シックスがいないMOTLEY CRUEなんてあり得るだろうか?
そういう問題である。

獲る側の人間は必ず「選手の意志を尊重した結果です!」とか言うのだが、ファン心理というのは宗教なんである。

キリストが頭丸めて袈裟着て出て来たのを見て、

「いや~キリストさんも生活がありますもんね。残念だけどお経の勉強頑張って!応援してますよ!」

なんて言うクリスチャンはいない。

中日は好きな球団の一つだが(僕が大好きな野球スタイルを実践している)、今年はやはり日ハムが優勝すべき年だったのだと思う。12球団で最もリーグ優勝から遠ざかっていた球団であるし、新庄のこともあるし、北海道移転のこともある。

残念ながら仕事で日ハム優勝の瞬間は見られなかったのだが、明け方テレビに齧り付いて、新庄の胴上げやビールかけの模様を何度も何度も見た。

心からおめでとうと思った。もらい泣きした。
いろんな人の思いが詰まった、本当に価値のある優勝だと思う。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

翌日、一転小笠原の報道である(本人はまだコメントしてないが)。
氷水をぶっかけられたような気分になる。前日の感動が一気に冷めた。

ダイエーの小久保の時もそうだった。
せっかくの優勝の歓喜が一気にぶちこわし。

優勝ってなんなんだ?
FAってなんなんだ?

優勝すると選手の年棒が跳ね上がる。
不人気球団・貧乏球団は優勝の立役者である選手を放出せざるを得ない。

優勝の代価として、チームの顔がいなくなる。
何のための優勝か。
阪神や讀賣以外のチームは、そこまでしないと優勝させてもらえないのか。

黒田の件があるので、小笠原のFAは他人事ではない。
阪神ファンの声を読んでみたくて、阪神関連の掲示板を覗いてみた。

感想。

阪神ファンの傲慢さは目に余る。
優勝する度にドブ川に飛び込んで乱痴気騒ぎ。
自分たちの楽しみのためなら、何やってもいいと思ってないか。

阪神の優勝は300年に一回くらいでいいと思う。

しかも阪神ファンには、急に成金になった貧乏人特有の、お調子づいた醜悪さがある。
長年弱小球団に甘んじていたことの反動だろう。
伝統的に強い讀賣とはまた違った腐臭がする。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 野球 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
物事には順序というものがある
2006-10-12 Thu 22:07
金子賢vs所英男戦を見た。
あれを見て「面白い」と思った人いますか?

金子は別に悪くないと思う。一生懸命やっただけ。
全てはマッチメイクをしたプロモーション側の責任だ。

「おまえなんぞが出てくる場所じゃない。オレが現役だったら半殺しにしてやるよ。芸能人のステータスを上げるために出られたのではたまらない。本気で出場したいなら芸能界を完全引退して、アマチュアから実績を積んでこい」


巨乳ハンターとして名高い前田日明の言葉に激しく頷首した。
彼がこれほど筋の通ったことを言ったのは初めてじゃないかしら。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

いろんなことに繋がる話だと思う。

先日「プレーオフの欺瞞」について論じたが、レギュラーシーズン2位・3位のチームがあれほど過剰な恩恵に浴するようではいけない。
どうしてもプレーオフをやるというのなら、

○1位チーム=1勝
○2・3位チーム=4勝しなきゃだめ

くらいのハンデを付けなければ妥当でない。
逆に、これで2・3位チームが勝ち上がってくれば、それは本物だと思う。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

一昨年、楽天が新規参入した時に、楽天側はエクスパンション・ドラフトを実施するように主張した。
戦力均衡のため、各球団から楽天に選手を供出しろと言うのである。
各球団が手塩にかけて育てた選手を。

正直「甘えるな」と思った。

讀賣・オリックス始め、プロ野球の球団オーナーについては色々批判が多いが、彼等が数十年に渡って球団経営に尽力したのは事実である。
それを新参者がいきなり同じ地平に並ばせろと言う方が、余程厚かましい。

楽天はクソ弱くていいんである。
十年かけて泥水飲んで這い上がってくればいい。
初めから甘い汁を吸おうと思うな。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

学問について。

よく言われるのが、小中学校の履修内容に対して「こんなの普段の生活で使わないじゃん」的な謂い。親まで一緒になってこれを言うからタチが悪い。

嫌なら高校も大学も行かなければよかろう、と思う。

料理人になりたかったら、最初の三年間は皿洗いだけだ。
丁稚奉公が一人前の口を利くこと自体、十年早い。

以前ガストで仕事の準備をしていたら、BS放送に彫金師・帖佐美行(ちょうさよしゆき)さんが出演されていた(三年前、87歳で逝去)。
お話を聞いていて、畳に額をすりつけてお辞儀をしたくなった。

僕ごときがタイプすると、非常に陳腐になってしまうのだが。

「今の教育が少しおかしな事になっているのは、『教えすぎ』なんだと思います。僕らの修業時代は『子守三年』といって、お師匠様は僕らに全く仕事をさせてくれなかった。僕はそれじゃいけないんじゃないかと思って、弟子に何もかも教えてしまった。それがよくなかった。やっぱり昔からの徒弟制には意味があるもんでね。ずっと仕事させないと、魂が欲するんですね。『知りたい』『学びたい』と。それがないのに何を教えても駄目なんですね。」


何にでも言えることだと思う。
大した努力もしてないうちから、instantな結果ばかりを欲しがるもんじゃない。

自分も襟を正さなきゃな、と思う。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

何だかまた堅苦しい日記を書いてしまいました。
すみませんでしたうんこうんこ。

関連記事
別窓 | スポーツ | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
プレーオフ外伝~西武vsソフトバンク
2006-10-10 Tue 20:51
じゃ~んけ~ん、




















ポン!


051005_bbl_npb_po_matsuzaka.jpg

2007cl271_convert_20080225202509.jpg

ソフトバンク 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ー 0
西    武 0 0 0 0 0 0 1 0 X ー 1










あ~いこ~で、




















ショ!


_DSC0013A2_convert_20080225204907.jpg

773096_1362366787s_convert_20080303002746.jpg

ソフトバンク 0 0 0 4 0 1 0 1 5 ー 11
西    武 1 0 0 0 2 0 0 0 0 ー  3










あ~いこ~で、




















ショ!


hatti_05_01_convert_20080303002445.jpg

050402sonmasayoshi_convert_20080225205004.jpg


う~ん、甲乙つけ難いな・・・。


引き分け!!

関連記事
別窓 | 野球 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
プレーオフの欺瞞
2006-10-09 Mon 19:52
今年もパ・リーグのプレーオフ(1st stage)が始まった。
来シーズンから、セ・リーグでも導入される。

結論から言うと、この制度は即刻廃止にすべきである。
カープファンの立場から言うと、プレーオフ制度はあった方が都合がよい。
今のカープがシーズン1位になる可能性はゼロである。3位なら5%くらい可能性があるかも知れない。

それでもこの制度は到底認められない。
これはもはや「スポーツ」ではないからだ。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

確かに盛り上がるし、実際見ていて面白いのは認める。
しかしこの制度は、譬えるならば、一年間己の肉体だけを頼りに戦い抜いた格闘家に、

「は~い一年間お疲れ様。んじゃ今度はこれ使って殺し合いやってね。よろぴく♪」

と、青龍刀を手渡す行為に等しい。

今までの全知全霊を賭けた素手による応酬はなんだったのか。

盛り上がるのは当たり前だ。
古代ローマのコロッセオよろしく、「殺し合い」を観るのは楽しい。
嗜虐性は人間を普遍的に昂揚させる。

西武vsソフトバンクの1st stageは、先に2勝した方が勝ち上がり。
なんじゃそらである。レギュラーシーズンの三連戦と同じじゃんか。

斯様に著しく「公平性」を欠いたこの制度はもはや「スポーツ」ではない。プロレスに限りなく近い「見世物」である。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

確かにプレーオフ制度の興行面での旨味は計り知れない。
たった2、3勝でペナントの行方が決する。それで興奮するなと言う方がファンには酷だろう。

この制度の致命的欠陥は、山台を下に掘り下げることで「盛り上がり」を演出することにある。それは同時にイベントの質的低下・聖性の破壊を意味する。
逆に言えば、「上」に求めればいいのだ。
具体的に言えば、セ・パ両リーグ1位の先に更なる「ストーリー」を用意してやればよい。

例えば、去年、千葉ロッテが優勝した「アジア・シリーズ」が非常に盛り上がった。
そんなものやめて、初めから以下のようにすればいいのだ。

【アジア地区Aブロック】
セ・リーグ1位┐
韓国リーグ1位┘

【アジア地区Bブロック】
パ・リーグ1位┐
台湾リーグ1位┘

さらにその先に、「リアル・ワールドシリーズ」を用意する。
すなわち、ベースボールの本場、大リーグへの殴り込みである。

ナ・リーグ東地区優勝チーム┐
ナ・リーグ西地区優勝チーム┘
ナ・リーグ中地区優勝チーム┐
アジアAブロック優勝チーム┘

ア・リーグ東地区優勝チーム┐
ア・リーグ西地区優勝チーム┘
ア・リーグ中地区優勝チーム┐
アジアBブロック優勝チーム┘

あるいは、アジア、中南米から1チームずつでも良い。

大リーグでも「ワイルド・カード」の矛盾性は常に指摘されている。
これで全ての理不尽が解消される。

関連記事
別窓 | 野球 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
| 生意気言ってすみませんでした |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。