スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
INDIA(2)
2008-06-28 Sat 03:28
僕の乗ったリキシャーは程なく市街地から外れ、真闇の森を貫く一本道を走り始めた。
右も左も真っ暗闇。

あのう・・・。
ここで襲われたら一発アウトなんですが。

どれほどの距離を走っただろうか。
やがて道の左側にぽつんと明かりのともるプレハブが一軒。
そこで停まるリキシャー。

プレハブからぞろぞろぞろと出てくるインド人の集団。
リキシャーをぐるりと取り囲む。
インドに来て一時間も経ってないのに、いきなり暗闇でインド人十数名に取り囲まれる僕。とてもかわいそう。

プレハブから出て来たインド人が、重々しく口を開く。

「ここから先はとても危険だ。ムスリム(イスラム教徒)達が住んでいて、旅行者は殺されてしまうんだ!」

親指を立て、首をかっ切る仕草をするインド人。天山広吉ですか。
インドまで来て天山のモノマネを見させられるとは思わなんだ。

「だから、僕たちが勧めるホテルに泊まるといいよ!とても安全だ」

僕「俺はメインバザールに行けと言ったが?」
クソインド人A「ベリーチープ!グッドホテル!!」
僕「だからメインバザールに行けってば。金払わねーぞ」
クソインド人B「ヤスーイ。キレーイ」
クソインド人C「ワッショイワッショイ」


・・・。












「てめーらふざけんな!%shれx◎☆!」


リキシャーに蹴りを入れる温厚な僕。

    (※)本当に頭に来たら日本語でまくし立てましょう。英語でモタモタと怒るからナメられる。

クソインド人「わわかったよ。行くよ行くよ」

    (※)インド人のいいところは、こちらがぶち切れると素直なところ。まぁ中には凶悪犯もいるんだろうが、基本的に「暴力」は揮ってこない。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

再度、しゅっぱ~つ。わーい。

しかし、メインバザールへの途上で見た光景の方が、何百倍も衝撃的だった。
スラムの脇を通った。
スラムというか、ただ廃材を積み重ねただけの夥しい掘っ立て小屋群。
そこから出てきた人々は、



手がない。
両腕とも、肩から先が全くない。

足がない。
板きれに車輪を付けた、スケボーのような物に乗って移動する。

目が潰れている。
身体があり得ないほど不自然に折れ曲がっている。
身体の一部が異様に膨れ上がっていたり、足が腕のように細かったり。




言い方が悪いのは百も承知だがー。
その時の正直な感懐を述べれば、見てはいけないもの、あってはならないものを見てしまった気がした。
背筋が凍った。

そういう夥しい数の「異形」の群れが、こちらをじっと凝視している。
いくら日本より衛生状態が悪い国とはいえ、この数はおかしすぎる。
なんなんだこれ。

理由は後日分かったが・・・。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

僕が泊まったメインバザールの宿は、屋上がテラスになっていてなかなか良かった。
「インドに行くと必ず下痢する」と聞いていたので、氷の入ったラッシーを飲むのは少し勇気が要ったが、翌朝はすっげぇ固いうんこが出た。


15年前の僕。わけーな。
CCE0001.jpg

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | アジア旅行記 | comments : 3 | trackbacks : 0 | ↑top
INDIA(1)
2008-06-24 Tue 22:27
今更なんですが、ずっと前に録画しておいた『ガンジス河でバタフライ』を観た。
長澤まさみたんが、なんとガンジス河でバタフライをするというのです。すごいですよね。
ガンジス河と言えば、世界に名だたるUNCO RIVER
まさみたんのある意味スカトロプレイに胸を熱くした諸兄も多いのではないか。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

しばらく、15年前の旅行記を書こうと思う。
もちろん記憶が定かでないところもあるが。


インディラ・ガンディー国際空港に着いたのは真夜中。
ハリウッド・スターの気分を味わいたければインドに行くといい。
空港のロビーに降り立った瞬間、とんでもない人だかりができる。

適当にリキシャー・ワーラー(※1)を捕まえて、メインバザール(※2)に行きたいと伝える。

    (※1)リキシャーの運転手。リキシャーとは幌付きの三輪バイクみたいなやつ。日本語の「人力車」からきている。
    (※2)デリーの有名な安宿街。

しゅっぱ~つ。
しかし、そこで見た光景は・・・。

関連記事
別窓 | アジア旅行記 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
今年の旅
2008-06-22 Sun 23:52
年に一回だけ、一週間のお休みを頂いている。
病気だろうが親族が死のうが、余程のことでない限り休めない仕事なので、まとまったお休みを頂くのが可能なのは八月の最終週(夏期講習の最終ターム)しかない。
この時期に休みを取るなんて予備校側からしたら大顰蹙なのだろうが、申し訳ないと思いつつ我が儘を言わせて頂いている。

今後世界はますます均質化するだろう。
今のうちに、そして死ぬまでに、できる限りいろんな世界を見ておきたい。
人前に立つ仕事をしている人間として、これだけは絶対にやっておかなければいけないような気がするのだ。

というわけで、今年はインド。

CIMG3317.jpg

20歳の時に北インドに行った。初海外。
世界観が変わった。

15年経った今年、今度は南インドに行こうと思う。
時間と空間の差を肌で感じてこようと思う。

関連記事
別窓 | アジア旅行記 | comments : 4 | trackbacks : 0 | ↑top
五輪競泳・水着問題について
2008-06-19 Thu 01:01
なんか水着問題が決着をみたそうな。良かったですよね。
「選手の好きなようにさせたれや!」とか気軽に言う人がいますが、契約は契約なんですから、今回は国内水着メーカーの大英断だったと思う。選手は感謝しなくては。

お恥ずかしい話ですが最近忙しくて全然ニュースを見ておらず、レイザーレーサーとか言われてもまるでピンと来ません。「み~ず~ぎ~フォー!!」とか、どうでもいい妄想ばかりが頭を駆けめぐります。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

お、記者会見が始まりましたよ。

CIMG33111.jpg










これがレイザーレーサーですか。

CIMG3312.jpg

てゆうかこれ、水着じゃなくて水泳帽ですよね。
栃木の天気予報が邪魔だ。

でも、横じまより縦じまの方が水の抵抗が少ないような気がするのですが。
山崎拓みたいに。

関連記事
別窓 | スポーツ | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
思った通りにはいかない
2008-06-15 Sun 21:42
以前、知り合いの女性に頼まれて、某アーティストのサポートでベースを弾いたことがある。ライブが終わった三日後、その女性から見たこともないような長大なメールが来た。数百行が全て罵詈雑言。

あなたみたいな人が教育に携わっているなんて信じられない(※)

というようなことがひたすら書かれていた。しまいには「最近飼い猫が死んで悲しかった」「変質者に襲われかけた」「彼氏とうまくいかない」なども書かれていた。それらは僕のせいではないような気もしないでもないが、きっと気のせいだろう。反省しようと思う。飼い猫が死にませんように。変質者に襲われませんように。彼氏とうまくいきますように。お手てのしわとしわを合わせましょう。ナムー。いくらスクロールしても終わらないので、口から万国旗を出している途中のマジシャンの気分になった。

    (※)ちなみに僕は教育に携わったことなどありませぇん。自分は技術屋だと思っている。

リハの時から、その人の口からは他人の悪口(しかも親しくしている人の)しか出てこないので、嫌な予感はしていたが、ものの見事に僕もセンサーに引っかかってしまったようだ。アチチ。

その時思ったものだ。「人の悪口はやめよう。己を醜くするだけだ」と。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

こないだ午前中の仕事が一本入っており、仕事が昼間に終わったので町田の丸井に行った。
ここは結構好みの服が多く売っているのだが、どの店舗に入っても必ず店員がピッタリ付きまとって離れない。ウザいんだよガキあっち行けなんて思ったりしませんでした。

「どんなの探してるんですか~☆」
いえ、特定の服を探しているわけではなく、気に入ったのがあれば買いますが。(予め買う服を決めてショップに行くやつっているのだろうか。謎)

「これは花柄なんです☆」
見れば分かりますが。

「これはストライプですよ☆」
見れば分かりますが。

「この辺は全部半袖になってますぅ~☆」
見れば分かりますが。

「お兄さん長袖着てますけど、やっぱ長袖が多いんですか?」
気候により、夏は半袖、冬はコートなどをたしなみます。

落ち着いて服を見られないので、「用があればこちらから声をかけますので」と言った。それでもついてくる。もしかしてインド人?(※)
気に入った服はあったのだが、当然財布を開く気にもならずそのまま帰ってきた。

    (※)インド人のしつこさは体験しないと分からない。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

最近はこういう接客がナウいのだろうか。中年なのでよく分からない。
僕以外のヤングな客たちも、一様に不快そうだったが。

いずれにせよ、相手の顔色もまともに読めない激烈バカは死ねこのウンコハゲって思った。
こんな人たちが商売に携わってるなんて信じられない。

関連記事
別窓 | 日常 | comments : 7 | trackbacks : 0 | ↑top
大丈夫かananと俺
2008-06-13 Fri 00:13
これまた随分前の話ですが、ananを買ってみました。

CIMG3316.jpg

変な目で見ないで欲しい。インテリア好きなだけです。


女性雑誌というのは我々チンコ持ちにとっては全く未知の異文化であり、読んでみるとなかなか面白い。美容整形の広告多すぎ。あきらめろと言いたい。


特にこのページには腹を抱えて笑った。

CIMG0146.jpg

植物にも感情があります。陽の当たる場所に置いて、水をきちんとあげていても、何も話しかけなければ植物は寂しくなって元気をなくしてしまいます。ペットを飼っている人は、餌をあげるときや帰ってきたとき自然に話しかけますよね。同じように、植物にも朝起きたら「おはよう」、帰ってきたら「ただいま」などと毎日話しかけてあげてください

水をあげるときは「きれいね」とか「いつもありがとう」と言ってあげる。切り花も同じように話しかけてあげると、1か月ぐらいは長持ちしますよ。口に出さなくても、心の中で思うだけでも植物にはちゃんと通じます。

植物を上手に育てる3つめの心得は「約束を守る」こと。

毎朝水をあげていた人が、突然あげなくなると、植物は見捨てられたと思って、枯れてしまいます。水はできるだけ同じ時間にあげて、何かの事情で遅れてしまったときは「ごめんね」といって理由を説明してあげましょう。旅行などで家を空けるときも、「○日間出掛けてくるから、待っててね」と行ってあげると、植物は安心します。


ananのライターさんの頭の中がとても心配だ。


・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。


そんな僕も、実はこの人をそんなに笑えないのであって。

僕は一人になると大抵ブツブツ喋っている。死んだモコちゃんマミちゃんと会話しているのである。

CCE00001.jpg

CCE00003_1.jpg

こんなかわいくて頭のよい犬は世界中どこを探してもいないのであって、そんなのが二匹も揃ってうちに来たのは奇跡なんである。

仕事から帰って、虚空に向かって話しかける僕。

「モコちゃん、今日はちゃむいね~」
「マミちゃん、今日は仕事ちゅかれたよ」


車に乗るともっとひどくて、

「はい、出発ちまちゅよ~」
「高速乗りまちゅよ~」
「ブイーン。気持ちいいね~」


端から見ると、完全にあぶない人である。
こういうのをペットロス症候群というのか知らんが、彼女たちが死んでから十年になるのに一向に治る気配がない。

すっかり春らしい暗い話になってしまいました。うんこうんこ。


・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。


気を取り直して、心温まる話でもしよう。

先日新宿をブラブラしていたのですが、東急ハンズのぬいぐるみ売場で見た光景。
最初、親子かと思った。















CIMG0148.jpg
※ネタではありません。















お前もかわいいぞ。

関連記事
別窓 | 日常 | comments : 2 | trackbacks : 0 | ↑top
ananについての考察
2008-06-10 Tue 21:44
だいぶ前の話になりますが、ananが恒例の「好きな男、嫌いな男」を発表してましたね。相変わらずクルクルパーな楽しい企画やってますよね。さすがanan。


どれどれ。


・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。


1位 木村拓哉 





2位 福山雅治 





3位 中居正広





4位 岡田准一 





5位 亀梨和也 





6位 草なぎ剛





7位 妻夫木聡 





8位 香取慎吾 





9位 稲垣吾郎





10位 坂口憲二






俺の名前がない。





キムタクが11年連続1位なんだそうですが、いくらなんでもこれはヤラセだと思う。
少年がジャンプを卒業して青年誌に青春の熱い汁をほとばしらせるように、11年も経てば読者層も大きく入れ替わるのであるから。
小林幸子の紅白衣装と同じで、もはや引っ込みが付かないんだと思う。

キム兄も早35歳。わたくしと同い年でございます。
35歳といえば、ちょっと力んだだけで尿もれして股間にシミの一つも作るお年頃なわけですが、いつまでもイケメン大魔王に祭り上げられてるキム兄がとても気の毒。
キム兄には、モト冬木みたいになっても1位に君臨し続けて欲しい。


・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。


コンビニで『メンズ・ナックル』っていう雑誌を買ってみました。

4753757_944072569.jpg

なにこの超頭悪そうな雑誌とてもかっこいい人たちが載ってる雑誌です。
これで勉強して、我々もイケメン道に邁進することに致しましょう。


4753757_3630766585.jpg

リアルなロックマインドは、

オレたちがシュールに奏でてやる



いきなりすごいボディーブローです。
確かにシュールである。


4753757_2803584954.jpg

4753757_1160365995.jpg

"ワル"ってことはイコール"モテる"って意味だろ

来いよ何処までも。クレバーに抱きしめてやる


声に出して読みたい日本語。



(備考:これだけの記事を書くためだけに500円も払って『メンズ・ナックル』を買った自分を褒めてやりたい)

関連記事
別窓 | 日常 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
殴る男と泣く女と自殺者(4)
2008-06-03 Tue 22:36
(2006年11月26日の日記)

何県のか忘れたが(自殺が多すぎて覚えきれない)、子供に自殺された親の発言。

「学校が子供の目線で見てくれないから、気付かないんです!」




え?




おまえはどうなんだよ。

毎日同じ屋根の下に暮らしていて気付いてやれなかったおまえは、ガッコのセンセーがたと比べてどんだけ立派なんだよ。

テメェのガキだろが。
なんで真っ先に人様に矛先が向くんだ。
テメェのガキも救ってやれなかった己の不明を恥じな。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

①から③まで述べたように、

自殺した子供に同情する気は微塵もない。
どれだけ周りを悲しませるのか分かってるのか。
お前が死んだせいで、死をもって責任を取らされる人だっているんだ。
お前だって人殺しじゃないか。

周りとつるまないと人を嫌うことすら出来ないガキ。究極に情けない奴。
加害者の人権?
人間未満のゴミに人権なんかあるか。

上記の親。
頼むから子供なんかつくるな。
学校が、周りが迷惑する。




一連のいじめ自殺問題に関連して、なにやらマスコミは「犯人」探しに躍起のようだが、

「犯人」なんて、いやしねぇよ。

(終わり。不快な日記で申し訳ありませんでした)

関連記事
別窓 | ニュース | comments : 8 | trackbacks : 0 | ↑top
殴る男と泣く女と自殺者(3)
2008-06-02 Mon 23:32
(2006年11月25日の日記)

自殺者を「被害者(=力弱き善者)」の玉座に座らせてはならない。
自殺を社会的に徹底的に貶めない限り、子供の自殺は減らない。
死者に砂をかけないのが日本人の美徳とは言え、妙に扇情的なロマンチシズムが一番人を殺している。

これが前項までの要旨。

では加害者側はどうなのか。

よく「いじめは絶対になくならない」「いじめられるやつにも原因がある」と言われるが、僕はこれは真でもあり偽でもあると思う。

これ言う人は、「いじめ」と「悪意」を混同してるように思う。

人を嫌う権利は誰にでもあるわけで、それを他人にどうこう言われる筋合いはないから、「いやなやつ」が悪意の集中砲火を喰らうことはある意味当然の帰結だ。

  ←(悪意)← B
A ←(悪意)← C
  ←(悪意)← D

というふうに。
これをいじめとは言わない。

だが、

  ←(悪意)← B
         ∥(同盟)
A ←(悪意)← C
         ∥(同盟)
  ←(悪意)← D

これだと全然意味が違ってくる。

他人を嫌うことすら一人で出来ない奴。
そんな人間未満のゴミ野郎が「いじめられるやつにも原因がある」だと?
ゴミが偉そうに一人前の口をきくんじゃない。

僕は強姦も絶対になくならないと思っている。
しかし強姦魔が「強姦は絶対になくならないよ!」と居直ったら、どうか。

いじめに荷担する奴が「いじめは絶対になくならないよ!」と言うのは、これと同じ事だ。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

こんな日記、読んでも全然楽しくないですよね。
僕も書いてて全然楽しくないです。

(つづく)

関連記事
別窓 | ニュース | comments : 2 | trackbacks : 0 | ↑top
殴る男と泣く女と自殺者(2)
2008-06-01 Sun 22:15
(2006年11月19日の日記)

どんな評論家もどんな新聞も、口先では「自殺はいけないことですが・・・」と言うが、必ずこの「・・・」の部分の含みを残す。

この「・・・」には、

「でもそこまで追い込まれてたなんてかわいそう」とか、
「死にたくなるのも無理もない」とか、
「命懸けで訴えたかったんだろう」とか、

まぁそういった言葉が入るんだろうことは誰でも分かる。

そんなこと言ってる間は、子供の自殺は減らない。
自殺に妙なヒロイズムをほんの少しでも匂わせる限り、子供の自殺は減らない。
本当に彼等を死なせたくないのだったら、自殺をとことん蔑まなくちゃ駄目だと思う。

自殺とは、
とことん卑劣で、
とことん醜く、
何の解決にも繋がらない愚の極み、
徹底的に救いようのない行為なのだと、
大人が訴えなくてどうする。

適当に物分かりのよい大人を演じようとする奴が、実は一番無責任で残酷なんじゃないの。

(つづく)

関連記事
別窓 | ニュース | comments : 1 | trackbacks : 0 | ↑top
| 生意気言ってすみませんでした |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。