スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
ゴリラ出動
2009-03-23 Mon 14:46
村田が肉離れで離脱。全治二ヶ月の重傷だそうな。
ただでさえ長距離砲の少ないサムライジャパンにとっても勿論痛いが、パジャマ、じゃなかったベイスターズにとっては途轍もない痛恨事である。

昨シーズンあれほど弱体ぶりを曝したパジャマが、さらに絶対的な四番抜きで開幕を迎えねばならなくなってしまった。
心底パジャマが気の毒である。

しかし、村田の故障を喜ぶわけでは決してないが、代わりに栗原が緊急招集されて、僕としては俄然テンションが上がるわけである。
栗原には是非とも大活躍してもらって、原の鼻を明かして欲しい。



スポーツ新聞に載ってた原のコメント。

「彼(栗原)がベンチにいるだけで大きな戦力ですから」



使う気ゼロ。
原にも故障してもらって、代わりにブラウンを緊急招集して欲しい。
阪神とオープン戦やってる試合中に電話一本でロスまで呼び出しくらう栗原が、本当に気の毒。

こんな感じか。

     ↓原              ↓栗原
CCE00003_20090323144045.jpg

CCE00004_20090323144057.jpg

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 野球 | comments : 4 | trackbacks : 0 | ↑top
あぁ、太陽が・・・
2009-03-16 Mon 22:57
先日、とある女性と飲みに行ったんです。
そんでハゲの話ですごい盛り上がりました。

その時はカウンター席でして、彼女は僕の右隣に座っていたので、
僕から見ると、まぁこんなかんじですよね。

CIMG4043.jpg


んで、話の途中で、彼女がウケて前のめりになったわけです。
そしたらその向こうから、


CIMG4044.jpg

こんなおっさんが出て来た。
まぶしかった。
TPOは弁えるべきだと思った。

関連記事
別窓 | 日常 | comments : 8 | trackbacks : 0 | ↑top
違います
2009-03-09 Mon 01:49
恥でしかないので今まで黙っていたが、去年の冬期講習、東大講座での話。

その日僕はかわいい寝顔でスヤスヤと眠っていたんですが、突然部屋の電話が鳴ったんです。
プルルルル・・・。


「もしもし、きくさ「先生!もう授業開始時間なんですけど・・・」










・・・。










ハヒ?(°Д°)










全力で部屋中ドラえもん探したが、見つかりませんでした。
半泣き。


・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。


一時間遅れで教室到着。こんにちはYOSHIKIです。美学。
あぁ、みんなのニヤニヤした笑顔がまぶしい。

その日は漢文の授業でした。
「どっかの国の王様が、長男を差しおいて寵妃の生んだ子を後継者にしようとして、それを聞いた気骨ある家臣が王様の寝室まで踏み込んでいって諫めた」とかいう、まぁよくある話だったんです。


「王の寝室だってよ!てことはきっと王様は妃とチョメチョメしてたんだね。ウヒャ」


などと言ったら、生徒の皆さんから失笑を頂きました。ありがとうございました。


・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。


後日、生徒アンケートを見ていたら、こんなコメントが。


「やっぱ先生も、彼女とチョメチョメしてて遅刻したんですか?」










違います。

ちなみに次の日は、予備校の女性スタッフの方にモーニング・コールしてもらいました。
なんか幸せでした。

関連記事
別窓 | 仕事 | comments : 6 | trackbacks : 0 | ↑top
サムライジャパンに言いたい
2009-03-06 Fri 03:28
いよいよWBCが開幕である。
今日の中国戦は録画するのを忘れて観られなかったんですが、なんでも中国相手に4-0の辛勝だったそうじゃないですか。大丈夫ですか。

まぁカープからは石原しか選ばれていないし、その石原も、城島とウナギ犬が同時にポックリでも逝かない限り出番はないので、あまり思い入れもないんですけども。

しかし、何より原監督がどうもズレていると思うのである。
以下の記事を見て欲しい。

侍ジャパンのナインが、原辰徳監督(50)の“厳格ファッションチェック”におびえている。(中略)温厚そうな笑顔からは想像しにくいが、原監督は髪形、服装には実にうるさい。「球界の紳士たれ」の球団訓の下、伝統的にヒゲ面厳禁、キッチリした服装着用が決められている巨人一筋に過ごしてきたからだろう。

宮崎での代表合宿中、まずは休養日の19日に、西武・中島が自慢の鮮やかな金髪を真っ黒に染めた。「山田さん(代表投手コーチ)から『サムライらしくしろ』(※)と言われた」のだとか。

(※)笑うところです。

続いて、人気ユニットEXILE風に両方の耳の上に2本ずつそり込みを入れていた横浜・村田が、原監督から直接「プロレスラーならそれでいいかもしれないが、サムライとしてはどうだ?」と苦言を呈され、21日に自らバリカンで刈り上げてそり込みを消した。
(夕刊フジ)




その結果がこの写真。


s2009022717hara_b.jpg


あのう。
この方がよっぽどプロレスラーみたいなんですが。天山ですか。
原の満足そうな笑顔が皆目謎。

そもそも「サムライジャパン」というネーミングからしてダッサダサである。
全然「サムライ」って感じのメンツじゃないし。


サムライなら、これくらいやって欲しい。


2008121408.jpg


「イチロー・ブラ ☆恋のマルチヒット☆」とか発売したら売れると思う。

関連記事
別窓 | 野球 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
あたしの恥ずかしい写真
2009-03-04 Wed 23:08
ブラザーのカスタマーセンターに電話しまくって、やっとスキャナが使えるようになった。めでたい。
そこで昔の写真をいろいろ取り込んでみた。

なんでも僕の母はどうしても女の子が欲しかったらしく、僕が生まれる前からベビー用品はピンクに統一して買い揃えたそうな。
生まれてきた赤ん坊にはポコチンが付いており、ひどく落胆したとか。

そんなわけで、僕は幼稚園に入るまで女の子として育てられた。ある意味虐待だと思う。
お陰ですっかり人間性が曲がってしまい、たいへん感謝している。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。










僕。3歳

859764_3349994270.jpg

抱えているのはヤキイモではなくモルモットです。どっかの動物園。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

クイズ。これ(左下)は誰でしょう。

859764_2105875166.jpg

分かった人はコメント欄へ。
ちなみに右上は大学に入学したての僕。今より20kg近く太っていた頃。別名豚。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

天使を紹介しよう。

859764_3601423578.jpg

天使その1。
こんなかわいい生き物を創り出した神様は、本当に偉大だと思う。





天使その2。

859764_690744014.jpg

うしろの老人(父)は邪魔なのでハサミで切り落とした。

関連記事
別窓 | 日常 | comments : 6 | trackbacks : 0 | ↑top
犬とオレンジ
2009-03-01 Sun 01:51
僕が住んでるアパートのあたりは地主さんが多い土地柄らしく、広い庭に自家用車が2~3台、という家が結構多い。

僕のアパートから畑をはさんだ向こう側の家も、そんな感じの家である。
畑をはさんでいるので垣根とかはなく、家の様子がよく見える。
(もちろん「外観が」である。家の中はカーテンで見えないし、見る気もない)

クリスマス頃にはぴかぴかのイルミネーションを飾り、リビングと思われる大きな窓からは暖かそうなオレンジ色の光が洩れてくる。
夕方にはおいしそうな晩ごはんの匂いがして、子供たちや家族の団欒の声が聞こえてきそうな、そんな感じの家である。



その家の庭の隅っこには鉄の檻があって、
その中に大きな犬が一匹。

僕はこの犬が檻から出してもらっているところを見たことがない。

ある日、こんな会話を聞いてしまった。

「この犬は散歩しているの?」
「いや~、ダメなんだよこいつは・・・」



生まれつきダメな犬なんて、絶対にいない。
犬は、注いだだけの愛情を必ず返してくれる動物だ。

この犬は、ぴかぴかのイルミネーションや、あったかそうなオレンジの光を、毎日どんな思いで眺めてるんだろう。
恐らくこのまま、死ぬまでずっと檻の中。
家から洩れてくる楽しそうな話し声を、どんな思いで聞いているんだろう。

この犬の鳴き声を聞くたびに、そんなことを思う。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

お役所仕事のホームページでこんな素晴らしいものを初めて見た。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/eisei/d_suteki/suindex.html

天国のモコとマミは、「りょうの家に来て幸せだったよ」と言ってくれるだろうか。
そう言ってくれるなら、すごく嬉しい。

関連記事
別窓 | 日常 | comments : 2 | trackbacks : 0 | ↑top
| 生意気言ってすみませんでした |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。