スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
菅首相の浜岡原発停止要請は大英断
2011-05-10 Tue 05:55
仕事が休みだったので、「ワイドショー」という文盲さん御用達の番組を見てみた。
コメンテーターは青山繁晴とバケモノアゴ男、じゃなかった岸博幸、それからテリー伊藤と黒鉄ヒロシという素晴らしい面々である。

要は菅政権をこき下ろすためだけのメンツである。

青山はただひたすら「菅政権は統治能力を失ってる!」の連呼。
あのぅ昨日まであなた、首相の決断力の欠如がドウノコウノって言ってませんでしたっけ。
決断したらしたで「議論が足りない」ですか。
一体どうして欲しいの?(笑)
青山はただのモンスター・ペアレンツである。
良識ある国民総出で潰すべき。

そして経産省官僚、小泉政権下で竹中平蔵の補佐官だった岸をコメンテーターに据えるあたりがすごい。
アンチ民主なのは当たり前である。
「自民=官僚ズブズブの癒着時代の夢よもう一度!」てか。
わしに言わせりゃ、そっちの方が冗談じゃねーわ。

テリーはもうどうでもいいや。吠えたいだけの人ね。
扇情的な表現がお好きな愚民さんにはちょうどいいかも。

黒鉄ヒロシ。こんだけ頭悪い発言を、あんだけ重々しい顔で喋る人を久し振りに見た。
馬鹿な小学生のようである。
やくみつるといい、「ワイドショーのコメンテーター」というのは、本業で食えない三流漫画家の天下り先なのである。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

なんか最近のエントリーを見ていると、菅シンパだと思われても仕方ないと思うが、全然そうじゃありません。
何をやっても批判しかできないザコの皆さんに反吐が出るだけでございます。
批判も結構だが、評価できるものは素直に評価しましょう。
お前ら昨日まで散々「浜岡を停めろ!」と騒いでたろ?望み通りになったんだから素直に喜べよ。
嫌いな子に優しくされて、却ってヒステリー起こすガキみたいだ。

青山さんもさ、そんなに国を憂えているのなら、自分が立ち上がればいいじゃんねぇ。
シャチョーさんなんてやめて、さっさと出馬しなよ。
お前なんざ、菅さん以上になんもできねぇよ。

上の番組の次コーナーは、震災当日のディズニーランドの特集であった。
上層部の素早い初動と、アルバイト諸君の臨機応変の対応を讃えるものであった。
確かにこれは凄いと思った。
が、この番組は最後に予想通りの「余計な一言」を加えるのである。
「政府もちょっと見習ったらどうですかねぇ」と。

アホである。
肝心なことを忘れている。

ディズニーランドは(そして自衛隊も)一つの目的に向かって高度に統率された組織である。
それに対して国は、それぞれに利害も見解もバラバラの人間が複雑に絡み合った、しがらみだらけの集合体である。

オペレーションの難易度が、何千倍も違うのである。
原子力事業なんて、その最たるものだ。

こんなもの、「議論」だの「話し合い」だのしていたら決まるわけがないのだ。
そこで菅さんの「独断専行」。ブラボーである。
ここへきてやっと活動家の血が騒いだか(笑)。
とりあえず「浜岡だけ」としたのも、僕に言わせればベストである。

「なんで浜岡だけなんですか」「もっと説明を!」と騒いでる、御前崎市長やマスコミの皆さん。
小学生か。
「なんでボクだけ?ずるいよ~」と同じだろうが。

全原発を停止なんて、出来るわけないだろうが。
一番危ないところをまず潰していくのは当たり前である。
その次のことは、これからじっくり考えりゃいいのだ。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

僕はあの、1号機と3号機が吹き飛んだ瞬間、心底血の気が引いた。
「あぁ…終わった…」と。
皆さんもそうだったんじゃなかろうか。

ところが日本はまだ生きている。

その後の原発周辺地域の災禍。避難住民の方の嘆き。
火消しにすらいけない。行方不明者の捜索すら出来ない。
動物たちの悲痛な叫び(これが一番堪えた…)。

タチが悪すぎる。とてもじゃないがこんなもの置いとけない、と思った。

が、「反原発」のデモをやってる連中。
俺にはお前らの方がよっぽど脳天気に見える。
喚くだけの連中は、本当に楽でいいよ。

お前らさ、
震災前まで散々無駄な電気使ってたんだろ?
原発が作った電力使って、散々ビジネスやってたんだろ?
なんだか東電の社長が一身にスケープゴートの役を負わされてるが、
今回の件で無辜の人間なんて一人もいないんだよ。

需要のないところに事業は生まれねぇんだよ。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

俺はさ、もう菅さんは震災が起きた時から肚括ってると思うよ。
何言われても辞めないと思うよ。

「保身」だの「首相の身分に恋々として…」だの言う人間がいるが、
そんな執着するようなおいしいポストじゃねぇだろ。
何の力もないカス共にいいように言われてさ。

それとも、いとも容易く仕事を放り出した安倍や福田や麻生や鳩山、打たれ弱い二世のお坊ちゃん達の方が良かったか?


俺は菅さんは漢だと思うね。

よかったら応援クリックお願いします → 人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ニュース | comments : 3 | trackbacks : 0 | ↑top
東日本大震災(5)~小沢一郎
2011-05-03 Tue 07:28
菅総理に対して、「他人事」「心がない」などと批判する連中がいるが、頭の中にチューリップが咲いてると思う。

まず「心」とは何ぞや。
見えもしないものを論拠とする救いようのない愚。

こんなものは「幽霊は絶対にいるんですってば!」と同じだと思う。
幽霊を信じるのは勝手だが、そんなものを公の場で声高に主張するでない。

仕事の出来ない奴ほど精神性を錦の御旗にするのは、市井の企業も霞ヶ関も変わらない。
企業で言えば、「頑張りました!」「やる気だけは誰にも負けません!」みたいな奴らな。
いいから仕事しろ。

抒情的な文言で頭の悪い国民を釣ってやろうという魂胆がみえみえである。
僕が青山繁晴や桜井よし子といった「ヒョーロン家」を全く信用しないのは、必ず
「今回の震災に際して、国民の皆さんは本当に立派でした。それに較べて政府は~」
という枕詞から主張を開始するからである。

今回、国民の皆さんは立派でしたか?
どこが?
馬鹿も休み休み言え。

彼等もまた、とりあえず「国民さん」を味方に付けようといういやらしい魂胆がみえみえなのである。
そうして自分を狡猾にプロテクトし、あたかも「義士」のようなツラをして物を言っている。
安全地帯からしか物を言えない連中が偉そうにすんなよ。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

話が変わるが、僕は一般的な「公務員」と「政治家」はやっぱり別の生き物だと思っていて、

端から「安定志向」で就職する前者と、
何かしらの「志」をもってスタートする後者。

スタート時点のメンタリティが、まず根本的に違う。
勿論その後の紆余曲折による変質は免れないと思うが、根元的なところで、「政治家」というのは有事に際し血が滾る人種だと思うのだ。

政治家を金銭欲の権化みたいに言う人がいるが、トップの首相ですらたかがあんなギャラでしょ?
儲けたいなら、民間で一流プレーヤー目指した方がよっぽどいいよ。

「性善説」に過ぎるかも知れないが、だから、僕はこの未曾有の災害に際して、他人事のようにのほほんとしている政治家はいないと思っている。
見解の齟齬はあろうが、皆必死に戦っている。

ただ一人を除いて。
ただ一人だけ、己の「私怨」のために国の足を引っ張ろうとしている不埒者がいる。

小沢一郎。

倒閣の動き本格化=反執行部勉強会に60人超

菅政権の震災対応への不満や統一地方選での民主党敗北を受け、菅直人首相の退陣を求める同党内の動きが26日、本格化した。小沢一郎元代表を支持する勢力は、首相や岡田克也幹事長の責任を追及しようと両院議員総会の開催を求めるための署名集めに着手した。しかし、震災対応のさなかの与党の内紛は世論の批判を浴びかねない。明確な「ポスト菅」のシナリオもなく、倒閣運動が決め手を欠いている面は否めない。

小沢氏に近い山岡賢次副代表が呼び掛けた勉強会「総調和の会」の初会合には、60人以上の同党議員が参加。鳩山由紀夫前首相は「(党内に)壁をつくることによって、自分たちと相いれないものを排除してしまう政治に堕してしまう」と首相を批判した。田中真紀子元外相は会合後、「風通しのいい体制を小沢氏を中心につくってほしい」と記者団に語り、小沢氏の要職起用を求めた。(4/26時事通信社)



小沢氏「菅降ろし」戦略に影響も…裏金1億証言

民主党の小沢一郎元代表の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、中堅ゼネコン「水谷建設」元社長が27日、元代表の元秘書に計1億円の裏金を提供したことを認めたことで、野党側は元代表の「政治とカネ」の問題を再度追及する構えだ。

民主党内でも、元代表らが模索する「菅降ろし」の動きに影響するとの見方が出ている。

自民党の山本一太参院政審会長は27日、「国会審議で連休明けにでも本格的に取り上げたい」と記者団に述べた。同党で「政治とカネ」問題を担当する西田昌司参院議員は「お金を渡した側がメリットもないのに証言したことは非常に重い。やり取りが極めて不自然という印象が強くなった」と指摘した。(4/27読売新聞)



別に小沢が幾ら献金を貰っていようが、そんな事はどうでもいいのだ。
小沢の財布が多少膨らんだところで、我々の生活には全く影響がない。
所謂「政治とカネ」の問題なんざ、一部の馬鹿を除いて醒めた目でしか見ていないのだ。

が、国中みんなでバケツリレーしなければいけない時に、自軍の将に対して後から矢を射てくるという暴挙。
党派の違い、立場の違い、見解の違い、いろいろあろう。
が、そんなものを遙かに超えて、この男だけは間違いなく国全体の利益を損なう「国患」である。

全政治家は総力を挙げて、この男だけは駆除しなければ駄目だ。

よかったら応援クリックお願いします → 人気ブログランキング
関連記事
別窓 | ニュース | comments : 6 | trackbacks : 0 | ↑top
| 生意気言ってすみませんでした |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。