スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
BALI(10)~キンくぁwせdrftgyふじこlp
2012-07-17 Tue 04:11
バリの地形は、すごく大雑把に言うと、島全体が富士山のような形をしていると思えばよい。
すなわち、ただひたすら上り坂をまっすぐまっすぐ上っていくと、やがて巨大な噴火口を持つカルデラへと辿り着く。

2012-07-09 23.16.12

クレーターのような外輪山の内側には、カルデラ湖(バトゥール湖)と内輪山(バトゥール山)がある。地理の教科書に載っているような、まさに典型的なカルデラ地形である。
実はここに、僕が今回の旅で一番来たかった場所があるのである。


もう何年も前から憧れていた、


その名は、


スクリーンショット 2012-07-17 2.51.40

スクリーンショット 2012-07-17 2.53.29





キンタマーニ。





なんで憧れていたかというと、名前がおもしろいからです。





CIMG6692.jpg





キンタマーニなう。





声に出して読みたい日本語。
ちなみに、ドン・キホーテの店内で流れてる歌の「ドンキホーテ」の部分を「キンタマーニ」に代えて歌うと、なんとなく楽しいです。


・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。


キンタマーニは外輪山の真上に位置するちっぽけな村である。
カルデラ内を一望できる景勝の地であるが、標高が高いためにとにかく寒い。夏のバリとは思えないくらい寒い。
バイクで走ってると凍えそうなくらいである。

CIMG6515_1.jpg

適当に市場を見つけて、おやつ購入。
さぁ、明日は早起きして、バトゥール登山へレッツゴーひろみ!


・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。


『地球の歩き方』によると、

湖畔の西にそびえるバトゥール山は、旅行者にも人気のトレッキングコース。標高1717mだが、上りも比較的緩やかなので、体力に自信のない人でも楽しめる。特に山頂から美しい朝景を眺める日の出トレッキングは、体験する価値あり。


なるほど。


CIMG6535_1.jpg

夜中、まだ真っ暗なうちにガイドさんと合流。
わーい。しゅっぱ~つ。

CIMG6537.jpg

ザックザックザックザック♪

ザックザックザックザック♪

ザック、ザックザック、ザック♪

ザック、ザック、ザック、ザック…。

ザック…ザック、ザック…ザック…。

ザッ…ク…、ザッ…ク…。

ザッ……、









全然楽じゃないよ!

すごく急だよ!

とても疲れるよ!









CIMG6540_1.jpg

徐々に夜が白んでくると、他の欧米人トレッカーの姿が目に入ってくる。
なんと皆さん、かなり重装備じゃないですか。
わしビーサン(笑)。

まぁ、なんとか辿り着きましたよ。





CIMG6550_1.jpg

とうさんかあさん、ぼくはやりました!


CIMG6707.jpg

確かに幻想的で、素晴らしい景色でした。


・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。


CIMG6592.jpg

さてここから、さらに登って噴火口(内輪山)一周ですわよ。


CIMG6598_1.jpg

CIMG6602.jpg

ガイドくん。
内輪山はこのように、左が噴火口、右が絶壁になっているので、落ちて死ぬ奴いるんでしょうなぁ。


CIMG6604.jpg

これは、自分の影を中心に虹がわっかのように現れる、ナントカ現象ってやつです。
よく知りません。

CIMG6581_1.jpg

あぁ楽しかった。
昼飯。

CIMG6635_1.jpg

よかったら応援クリックお願いします → 人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | アジア旅行記 | comments : 4 | ↑top
BALI(9)~テガララン
2012-07-06 Fri 00:38
ウブドは芸術の街でもあって、多くの芸術家のアトリエや家具工房が建ち並ぶ、謂わば「芸術街道」とでも呼べる道が、北へ数キロに亘って続いている。

CIMG6266.jpg

CIMG6263_1.jpg

アジアンインテリアが大好きで、バリ家具を世界最強と信じて疑わない僕にとっては、かなり楽しい街道(値段はそれなりに高いです)。


CIMG6264_1.jpg

これはですね、なんか底に豆がたまってて、甘くてドロドロした、冷たいおしるこみたいな飲み物です。
めちゃくちゃうまいです。あぁ、また飲みたいよ。

そこをバイクでひた走る。
そしてそこを抜けると…。
突如眼下に現れる、この旅で最高の絶景。










【テガラランの棚田】

004.jpg

005.jpg

CIMG6352.jpg

こういう瞬間、旅に来て良かったと心から思える。


CIMG6359.jpg

茶屋でのんびりジュースを飲む。平和。

猫も平和。

CIMG6361_1.jpg

ア~ァ、ヤレヤレ。


鴨も平和。

CIMG5978.jpg

ハイハイ、チョットゴメンナサイヨ。

CIMG5979.jpg

CIMG5980_1.jpg

よかったら応援クリックお願いします → 人気ブログランキング
関連記事
別窓 | アジア旅行記 | comments : 0 | ↑top
BALI(8)~祭礼の島
2012-07-03 Tue 02:47
「日本は無宗教」とはよく言われることだけれども、海外に出るとそれをつくづく実感する。
特定の信仰をお持ちの方を除いて、我々日本人が日常生活において宗教を意識する瞬間などほとんどない。

一方、タイは名もない道端の祠に毎朝皆が線香をあげに来るし、
インドは街中宗教画だらけだし、
モロッコはどんな悪党もイスラムの戒律だけは遵守して暮らしている。

中でもバリは、島中が宗教儀礼のマーケットのようだ。
人々は毎朝玄関先に供物を捧げ、島中にひしめく数万の寺からはガムランが流れ、暦が年中行事で埋め尽くされている。
観光客向けのショーもやっているが、そんなものを観に行かなくても、宗教儀礼を目にする機会には困らない。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

【タナロット寺院】
夕日が綺麗なんですよね。

CIMG6467_1.jpg

CIMG6482.jpg


【グヌン・カウィ】
グヌン・カウィは11世紀の王家のために作られた、バリ最大の石窟遺跡。

CIMG6102.jpg

まぁ特別すごいものではなく、正直これといって感動はしなかったんですが、
それよりも、


CIMG6095.jpg

CIMG6097_1.jpg

CIMG6099_1.jpg

境内で、何やら村祭りの準備をしている模様。
その辺のおじさんに訊いてみた。

「あぁ、今日の夜8時くらいから始まるよ」

ナイス。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

CIMG6251_1.jpg

夜になるのを待って、再び訪問。


CIMG6143_1.jpg

長い長い階段を降りて行くと、


CIMG6148_1.jpg

CIMG6164_1.jpg

おぉ、やっておる。

本当に村人しかいない。部外者わしだけ。
完全アウェー。まさに一対数百ってかんじ。張飛か。


CIMG6188.jpg

男の子の踊りの奉納。


CIMG6199.jpg

女の子。




そしてガムラン。
生で聴くと、すごい迫力なんですよ。

感心したのは、ホレ、こういうのってふつう観客がいないとテンション上がらないじゃないですか。文化祭とかでも。
ところが彼らは、人に見せるためではない、完全に村の営みの一環として、こういったかなり大掛かりな祭礼を行っているのだ。
村人が生活の一部として、普通にこういうことができるというのがすごい。


CIMG6217.jpg

祈りの時間。
これだけの人数だとかなり荘観。


CIMG6213.jpg

携帯いじってるやつもいますけどね(笑)。


CIMG6239.jpg

これはナイナイ岡村さんによるオモシロコントです。

「おっ、日本人。言葉わかるのか?」
「いや、全然(笑)」
「おっ、日本人。なんか食って行け」

CIMG6181_1.jpg

CIMG6182_1.jpg

優しい味がしました。

よかったら応援クリックお願いします → 人気ブログランキング
関連記事
別窓 | アジア旅行記 | comments : 2 | ↑top
| 生意気言ってすみませんでした |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。