スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
人は見た目で判断される、らしい
2008-12-09 Tue 07:26
今シーズンぶっちぎりの最下位独走を果たした横浜ベイスターズですが、来季からパジャマを着て試合することになったようです。

f-bb-081123-3301-ns-big.jpg

かっこよすぎ。
パジャマの屈辱に耐え、FA残留を決意した三浦は、本当に立派だと思う。

と、他人事だと思って笑っていたら、うちもパジャマにするみたいです。泣きたい。

ser202.jpg

モデルがゴリラ(※1)とおぼっちゃまくん(※2)なのが火に油。

    (※1)栗原とも言う。
    (※2)大竹とも言う。

今年までのユニフォーム、カープ歴代で一番かっこいいと思ってたのに、残念である。
人間は見た目で判断されるので、気をつけて欲しい。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

 入試合否「見かけ」で判断…神奈川・平塚の県立神田高

神奈川県平塚市の県立神田高校(渕野辰雄校長)が2004、05、07年度に実施した入学試験で、学力テストなどの点数では合格圏内だったのに、服装や態度などから「生徒指導が困難」として、22人が不合格になっていたことがわかった。

県教委の発表によると、願書受付時や入試当日に、服装や髪形、態度を担当教員がメモにして提出。「つめが長い」「胸のボタンが開いている」「まゆをそっている」などの報告があった受験生の中から不合格者を決めていた。

同校は以前、中退者が年間100人を超えるなど、定員割れが続いていたが、04年度に近隣の高校と統合されることが発表されて以降、入試倍率が上昇。前任の校長が「新学校に生徒指導が難しい生徒を入学させたくない」と発案した。

記者会見した渕野校長は「先生方の生徒指導の負担軽減とまじめな子をとっていきたいという気持ちがあった。大変申し訳ない」と陳謝した。 (読売新聞)



染髪やピアスは不合格だとすると、僕も不合格である。わ~い。

ネット上の意見を見ると、むしろ校長の判断に好意的なものが多い。
「人間が見た目で判断されるのは当然。嫌ならもっときちんとしろ」と。
なるほど、然り、である。

僕は「自己評価」という言葉が嫌いだ。これほど自家中毒をきたした言葉もない。
「評価」は他人の仕事だからだ。
だから「不適切」な言動の人間がそれ相応の評価をされることには、別に何の違和も感じない。

が、この学校側のやり口は、謂わば「騙し討ち」である。
それに賛同する奴らも「『正義』を行使するためなら何をやっても構わん」という姿勢である。

ここまで〝拒絶〟の姿勢を取らざるを得ないということは、相当目に余る態度が受験生側に見られたんだろう。
髪を染めてるとか、ピアスを開けてるなんていう、そんなかわいらしいレベルを遙かに超えた何かが。

それを仮に「悪」とするとして、なればこそ、「正義」の側には真っ直ぐに伸びた「背骨」というか、揺るぎなき清冽さが求められるんじゃないのか。
「汚ねぇ相手」を潰すのに、同じく「汚ねぇ手」を使った時点で、他人を断ずる資格は無い。
「ルール違反」を平気で犯す人間が「教育的見地」たぁ、大した面の皮である。

田母神論文問題にしても、結局は同根の問題なのだ。
公務員が「自分ルール」で物を語る時点で、勘違いも甚だしい。

「自分ルール」を振りかざしたければ、さっさと職を辞して好きなだけやればいいのだ。

関連記事
別窓 | ニュース | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
<<野村克也 | 生意気言ってすみませんでした | 読書が嫌い>>
 
 
 
 
 
 

trackback URL

| 生意気言ってすみませんでした |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。