スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
生徒の涙(1)
2008-12-18 Thu 08:08
冬期講習第一ターム終了。
もうすぐ入試が始まる。高三の授業もあと残り僅か。
不安で不安で堪らない、という人もいるのだろうが、

ワクワクする。

だってそうだろう。
自分の教え子が、たった一試合しかない「公式戦」にうって出るのだ。

ワクワクしないでどうする。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

僕は、自分で言うのもなんだが、メンタルが途轍もなく頑丈に出来ている。
他人に悩みを相談したことなどほとんどない。
いい大人がグチグチ泣き言を垂れてるのを見ると反吐が出る。
たまに、自分で自分の頑丈さに呆れる。

「あなたの言い分は、結局『強者の論理』に過ぎないんですよ」
「弱い人間の気持ちが分からない人」

と言われることがある。
まぁ実際当たってると思う。
このセリフを僕なりに翻訳すれば、

「私は『弱者の論理』に立っているんです」

ということだ。

「私は『弱者』」

よくこんな恥ずかしいセリフを吐けるな。
俺なら、たとえ乞食になったってこんな恥ずかしいセリフは吐けない。

関連記事
別窓 | 仕事 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
<<生徒の涙(2) | 生意気言ってすみませんでした | 野村克也>>
 
 
 
 
 
 

trackback URL

| 生意気言ってすみませんでした |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。