油谷さんの死
2006-07-21 Fri 23:26
どこもかしこもこの話題で大賑わいなので、今更書きたくないのだが、思ったことを二三。
山本が悪いのは論じるのが恥ずかしくなるほど自明なので、ここでは触れない。

吉本激震。ゴールデン・ゴールズ解散(これについては萩本が撤回したとも)。
大人の世界が上を下への大騒ぎ。
「被害者」少女は、これら報道をどんな思いで眺めているんだろうか。


飲酒。
よもやジョウゴを口に突っ込まれて無理矢理飲まされたんではあるまい。

淫行。
夜中にノコノコ男が宿泊しているホテルに行く。一体何がしたかったのか。
徹夜で大富豪でもしたかったんだろうか。
最近の17歳は、随分とおぼこいことであるよ。
未成年として過剰な保護をして欲しくば、未成年らしくすることだ。


一番悪いのは山本だ。
では二番目に悪かったのは誰か。萩本や相方・加藤ではないだろう。
加藤の、あの涙の謝罪を見て、何も感じなければ人間ではない。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

マスコミがこぞって吉本幹部に投げつけたこの怒号には激しい嫌悪感を覚えた。唾を吐きたくなるほどの。


   「会社として今後、本人に会見させる考えはないのか」


マスコミさんというのは、随分と御立派な人達なのだなと思った。
こいつらは根っから血に飢えているのだ。病的サディストだと思う。
山本はもう「社会的に」死んでいる。蘇生することはもうない。
死体を引きずり出して、蹴り転がして、一体何がしたいのだろう。

雁字搦めに縛り上げられた相手しか殴れない連中。
そういう輩が世論を作ろうとする。

山本本人を中心核に、おぞましい人間達が描く曼陀羅模様を垣間見た思いがした。

関連記事
別窓 | 芸能 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
<<中国をなめるな | 生意気言ってすみませんでした | ソラマメさんの不覚>>
 
 
 
 
 
 

trackback URL

| 生意気言ってすみませんでした |