堀江さんとの思い出(1)
2008-12-22 Mon 08:29
大仰なタイトルを付けてしまったが、堀江さんとはちょっとしたご縁がある。

東大は第二外国語でクラスが決まり、新入生を二年生が合宿(というか遊び)に連れて行く習わしがある。僕はスペイン語クラスで、そのいっこ上の学年に堀江さんがいた。
スペ語クラスは人数が少なくて、なかなか居心地が良かった。
僕らは一泊二日で富士急ハイランドに行った。

夜はみんなでカラオケパーティー。
堀江さんは中森明菜の「DESIRE」を歌った。というか叫んだ。
キレッぷりが尋常でなく、大いにウケた。

当時から「会社を興したい」みたいな話はしていた。熱っぽく話すその語り口、周りを盛り上げることに全力を注ぐ、熱くてとても素敵な先輩だった。

「ホリエモン」がメディアに登場するようになって暫く、僕は「ホリエモン」が堀江さんだとは全く気付かなかった。それぐらい風貌は別人に変わっていた。
当時の堀江さんはむしろ細くて、髪の毛はもうちょい長くて真ん中分け。
結構かっこよかった。あのギョロギョロした目だけがそのまんま。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

メディア上を毎日のように賑わす、世間のスポットライトのど真ん中に鎮座する「ホリエモン」を見て思ったこと。

「十年前は同じ汚い民宿で、一緒に飲んでいたのに、たった十年で人間というのは随分と差がつくものなのだなぁ」

まぁ僕が住んでるアパートの名前も「○○○○ヒルズ」なので、同じヒルズ族なんですが。
ただうちの周りはたまにタヌキが出る。

父にその話をしたら、

「うむ。わしもホリエモンの父になりたい」

とうさん、ボケても面倒は見ないよ。

(つづく)

関連記事
別窓 | ニュース | comments : 2 | trackbacks : 0 | ↑top
<<堀江さんとの思い出(2) | 生意気言ってすみませんでした | 生徒の涙(2)>>
授業お疲れ様です。
先生どこの学部だったのですか?文何ですか?
2008-12-23 Tue 23:08 | URL | と #-[ edit ] | ↑top
>>と

わしは文三でしたよ。文学部国文学科。
んで、院に進学したときに教養学部に移籍して、文化人類学やってました。
2008-12-24 Wed 05:07 | URL | りょう #-[ edit ] | ↑top
 
 
 
 
 
 

trackback URL

| 生意気言ってすみませんでした |