スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
最高学府・東京大学
2009-05-12 Tue 23:17
mixiの「東京大学コミュ」を見てみたら、次のようなトピックがあった。

うんこ味のカレーとカレー味のうんこっていうけど
2009年03月12日 00:40

いわゆる究極の選択といわれてるやつですが、このことについて質問したいのです。

まず、カレーの定義について、「カレーの味がするからカレー」と考えると、
うんこ味のカレーはうんこであり、カレー味のうんこはカレーなんじゃないかと思うわけです。

そう思って私はカレー味のうんこを選ぶんですが、友達の大半は
「尻から出てくる以上それはうんこ以外の何者でもない。うんこを食うなんてヒトとして間違ってる」
なんて言って、うんこ味のカレーを選ぶのです。

確かに尻からでてくるのでそれはうんこなのでしょうが、それをカレー味にするには
カレーを大量に食べて消化させずに尻から出す方法しか私には考えられません。
すなわち、それはほぼカレーといって差し支えがないわけです。
一方、うんこ味のカレーはインビトロで作り出すんでしょうが、
それは目的物はカレーじゃなくてうんこになってるんじゃないかと思うんです。

そういうことを友達に説明しても取り付く島もありません。

前置きが長くなってしまいましたが、この愚かな友達にうんこ味のカレーを食べさせたいんですが、
どのように作るといいんでしょうか。
聡明な皆様の賢明な回答をお待ちしております。



それに対するコメント。

2009年03月25日 01:18

さっき食べてみたけどめっちゃ苦かった…

わかりやすく言うとキリンのツノみたいな味がした



東大もまだまだ捨てたもんじゃないなと思った。
上記のような会話を見る限り、今後も東大に憧れて受験する人はあとを絶たないと思う。

そんなわけで、十数年前に通った「東大」というところの、僕なりの印象を語ってみたい。

東大には毎年約3,000人が入学するわけであるが、僕の印象で言うと、そのうち半数はやっぱり「化け物」である。
何と言うか、もう、努力でどうこうなるレベルではないと言うか。
生まれから育ちから何もかもが違い、初めからインテリになるべくして生まれてきたような人々である。

そういう人々によって合格定員の半数、1,500席は「指定席」として占められており、残りの半数を我々凡人が椅子取りゲームのように奪い合うわけである。時折うんこ味のカレーやエロいことについて考えながら。

六年間男子校に通った反動で、僕も大学に入ったらあんなことやこんなことをいっぱいやりたいなぁと思っていたのだが、やはり東大にはそういうチャラいことを許さない空気というのが流れており、結果僕はおんなのこの一人も碌に口説けない、超ヘタレな大人に成長したのであった。

恐らく東大のD.T.(※)率は、他大学の三倍くらいあるんじゃないだろうか。

    (※)童貞。

ある友人の部屋に遊びに行ったら、「上手な女性の口説き方」みたいな本があった。
この本を買うのはエロ本買う10倍くらい勇気が要ると思った。
開いてみると、重要なところにラインマーカーで線が引いてあった
泣いた。

院生とかで、30過ぎのベテランD.T.も結構いた。
敬意を込めて「V.D.T.」とお呼びしたい。


そんなある日、別の友人が、合コンの一つもしたことがない僕のためにモデルを集めて合コンを開催してくだすった。

合コン当日、僕はかわいい寝顔でスヤスヤと眠っていたのですが、突然部屋の電話が鳴った。
プルルル・・・。





もしもしきくさ「おめぇ何やってんだよ。もう合コン始まってんだけど(怒)」





ハヒ?(°Д°)





半泣きで一時間遅れで到着。
罰として、立て続けに駆け付けイッキをやらされる僕。


あぁ、意識が・・・。





気付いたら、居酒屋の便所の、モップとかバケツとか入れてある個室で寝てました。
なんか青春でした。


    (※)なお、精確には「最高学府」=大学を意味し、「最高学府・東大」というのは誤用である。
    が、誤用の方が意味が通じやすいということが世の中にはままあるのである。「役不足」とか。
    であるから、そういうアホみたいな突っ込みはナシで。

関連記事
別窓 | 日常 | comments : 4 | trackbacks : 0 | ↑top
<<おっぱいバレー | 生意気言ってすみませんでした | 出産は資格制にせよ>>
いつもこれで惑わされてしまいます。
いい人の顔をした嫌な人と嫌な顔をしたいい人
本物のような偽物と偽物のような本物。
自分がどちらなのかもわからないし
どちらであろうとするのかさえわからないことが
まだまだ迷いですねえ。
究極の偽物でも悪くはないと思ったり
いや、最低の本物のほうがお値打ちもんかとか。
しかし真贋を見極める目などあったら
生きてるのがいやになるかも知れません。
なんか希望ってもんがなくなりそう。

りょうさんをずっと見ていて、自分なりに思うところに
通じるものがあったので、今回ちょっとお邪魔しました。

やっぱ、東大すげえわ。





2009-05-13 Wed 04:40 | URL | かあこ #-[ edit ] | ↑top
おぉ、突然びつくりしました。ようこそ。

仰っていることはなんとなく分かるような気がしないでもないですが、いや、やっぱよく分かりませんが、なぜにこのタイミング?
うんこカレーに心が感応しましたか。そうですか。

ちょっと大仰なことを言いますがね。
僕は何の才能もないうんこちゃんですが、ひとつだけ、絶対の自信がある自分の能力がある。

それは、書かれた文章からその書き手の「核」の部分を把捉する能力です。
なんせ外れたことねぇもん。

以前(だいぶ前)かあこさんは、「文は人なり」という慣用表現を否定されていましたが、こと僕に関しては当て嵌まりません。
やはり「文は人なり」です。

>いい人の顔をした嫌な人と嫌な顔をしたいい人
>本物のような偽物と偽物のような本物。

これは別に、仰るほどフクザツなもんではないと思います。
「嫌な顔をした実はいい人、と見せかけておいて、そんな自分を演じるのが大好きな、実はやっぱクソな人」
というのも存在します。
2009-05-13 Wed 05:23 | URL | りょう #-[ edit ] | ↑top
ええ感応しましたとも。
気が若いので若き悩みが大好きなんで。
え?それってただのクソなおばさんですって?
あーはいはい、言いなさいよ。

外れたことないの?
あなた、ちょっとお・・・(溜息)
いいなあ。
よくはずすのよ、あたし。
こと男に関してねえ。

「文は人なり」
相変わらず賛同しかねます。
あたしは、文を書くにそれを芸術に見立てる一般人がこわいです。

>「嫌な顔をした実はいい人、と見せかけておいて、そんな自分を演じるのが大好きな、実はやっぱクソな人」
というのも存在します。

どなたかが仰るように
何度もカレーを大量に食べて消化させずに尻から出せば
それっぽくなるとするでしょ。
それはほぼいい人ちっくなわけじゃん。
わたしには充分フクザツなんですけど。
2009-05-13 Wed 07:07 | URL | かあこ #-[ edit ] | ↑top
>>クソおばさん

>よくはずすのよ、あたし。
>こと男に関してねえ。

みたいですねぇ(笑)。
端から見てて、なんで分かんねぇのかなこの人は、ってよく思いましたもん。
頭はいいのにねぇ、って。
ま、頭はいいからあとから気付くみたいですけどね。

>「文は人なり」
>相変わらず賛同しかねます。

一般論としてはいいと思いますよ。
だから「『こと僕に関しては』当て嵌まらない」と書きました。

>あたしは、文を書くにそれを芸術に見立てる一般人がこわいです。

「芸術」っていう、termがよくないと思うんですよな。
旧字体で書くと、ってパソコンだと出せねぇけど、なんか画数多くていかにもAuthorityって感じで。
素人がね。笑っちゃうよね。

>どなたかが仰るように
>何度もカレーを大量に食べて消化させずに尻から出せば
>それっぽくなるとするでしょ。
>それはほぼいい人ちっくなわけじゃん。

そうかなぁ~?
そうは思いませんけどね。
そういうのが、僕がよく言う「軸足のない人間」てやつでしょ。
「自分の言葉」で喋ってない。
俺の目からすると、みえみえなんだよね。
「借り物の言葉」で喋って、ほんで鼻の穴膨らまして悦に入っている。

挙げ句、「このペンキの色は綺麗だから、あなたの部屋もこのペンキで塗ってあげましょう」ってなっちゃう。
アホだよね。
2009-05-13 Wed 09:21 | URL | りょう #-[ edit ] | ↑top
 
 
 
 
 
 

trackback URL

| 生意気言ってすみませんでした |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。