ココロイキの民族誌(3)
2010-04-06 Tue 00:19
この社長さんは奥さんが日本人で、他にも幾つかの会社を経営している。
(本人談&ネットで検索してみた←悪趣味)

頭がいい人だというのは話してみてすぐに分かったが、それにしても大したものだ。インド人が商売始めたところで、すぐに相手にされるほど日本の社会は優しくないだろう。
日本社会のアジア人蔑視はまだまだ根強い。

いろいろと辛酸を舐めてきたんだろうな、と勝手に想像する。

すると、Tのような人間が社員をやっているのも頷けるのだ。
Tが50歳近くだとして、会社の創設が2003年だから、Tは40過ぎての転職組ということになる。
他の企業で使い物になっていた人間が、わざわざインド人の下で働くことを選ぶとは思えない。
この社長の元には残りカスしか廻ってこなかっただろう。酷い言い方だがそれが現実だと思う。

「日本企業が、低賃金労働力としてアジア人を雇用する」

これが長きに渉る図式だったはずだが、それが通用しない時代になりつつあることを、Tと社長を見て強く感じた。
かつては終身雇用に守られていた日本の腑抜けた能無しを、アジアの新進気鋭の起業家が食っていく時代。

日本人とアジア人では生命力がまるで違う。「成り上がる」ためのココロイキがまるで違う。

BoAちゃんなんか見てると分かりやすい。
日本人の歌手で、外国語(非英語)を完全マスターして、外国でトップにのし上がってやろうなんて野心を持った人間はまずいない。

僕が大学院辞めて、あちこちの音楽学校を見学して回ってた時、ある学校の校長が言っていた。
「日本のスタジオシーンは、そう遠くない将来、アジア人ミュージシャンに席巻されると思う」と。
奴らは日本語も英語も自在に操る。ハングリー精神も日本人とは比べものにならない。ギャラも安い。

確かにそうなるかも知れないなぁ、と思った。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

二極化社会の是非ってのは、なかなか難しい。
「有能な人間が無能な人間とは違う待遇を受けるのは当然だ」という考えにも頷ける部分が多い。
ただ、確実に治安は悪化するだろうな。


強者が弱者の肉を喰らって生きていくような時代。


僕は別にそれでも構わんが、そういう時代を受け入れるだけの度量が、日本人にあるかな。

(おしまい)

よかったら応援クリックお願いします → FC2 Blog Ranking
関連記事
別窓 | 日常 | comments : 2 | trackbacks : 0 | ↑top
<<本科開講 | 生意気言ってすみませんでした | ココロイキの民族誌(2)>>
今日からの関東6連戦でカープが負け越しでもしたら
わしゃもう阪神を応援するよ!!(呪いをかける意味で)

ところでティーチャー先生は今年の阪神打線をどう思われますか?僕は若手を育てる気ゼロのあのオーダーに吐き気を覚えました。まさにカープはこんな球団を叩きのめさないといけませんね!
以上広島の浪人生でした
2010-04-06 Tue 16:31 | URL | たつっかわ #-[ edit ] | ↑top
どもども、返信遅れてすみません。

阪神ですか。ユニフォーム見ただけで下痢になりますな。

ただですね、開幕だというのにもう以前のようなワクワク感がないのでありますよ。
僕が大好きだったプロ野球は、93年のFA導入で死んだのだと思います。
選手を心から応援できなくなった。
いつ出て行くか分からない偶像を、馬鹿みたいに崇拝は出来なくなりました。

プロ野球自体に嫌気がさしつつあるんでしょうな。
いっそ四月に各チームの親会社の総予算を発表して、それで順位決めたらいいと思います。
実際大体その通りになるわけだし。
んで一日でペナントレース終了。

その点パ・リーグは面白いと思います。
2010-04-12 Mon 13:23 | URL | りょう #-[ edit ] | ↑top
 
 
 
 
 
 

trackback URL

| 生意気言ってすみませんでした |