マーティー・ブラウン
2006-08-12 Sat 12:51
広島カープ、ブラウン監督のコメント。

黒田が打球を右手で止める執念を見せた。「咄嗟にいった。なんとか投げられそうだったけど、監督に冷やせと言われたので」
ブラウン監督は「彼は手を切っても、ケツの穴で投げられただろう。それぐらいいい投球をしていたよ」とジョーク交じりに絶賛した。 (サンケイスポーツ)


どうやってケツの穴で投げるのか、超真剣に考えた。おそらく空気鉄砲みたいに、肛門にボールを突っ込んで屁で飛ばすと思われる。

黒田なら出来るかも知れないが、その前に退場になると思う。
マウンドで力む黒田に、我々頭の弱い中年ファンは快哉を叫ぶだろうが、子供たちが見てる。
それを捕球するキャッチャー倉も気の毒だ。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

ところで、最近ビックリマンチョコをよく買う。プロ野球シールを集めている。
いい年してバカじゃないのとか言わない。

644852_892649248s.jpg

左から和田・松坂(西) 亮太(ヤ) 三浦・種田(横) 俊介(ロ) 斉藤(ソ) 金村(日) 金本(神)。
上原も当たったのだが速攻で捨てた。
金本はこれから燃やす予定。
むろん前田シールのみが目当てなのだが一向に当たらない。腹が立つ。


これなんか、まぁ似てると思うが、

644852_4039423647s.jpg


納得いかないのがこれだ。西武・和田。

644852_1161771365s.jpg




















ハゲてない。
ハゲてないよ。
なんでハゲに描かないの。ねぇなんでなんで。

薄毛団体から抗議が来ましたか。「薄毛さんにも人権を!」って。

人権も結構だが、これじゃ「和田」って言われないとわからないと思う。

髯のない関羽のようなものだ。
人権の前に、アイデンティティの危機。

関連記事
別窓 | 野球 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
<<変態嗜虐ショー | 生意気言ってすみませんでした | あの感動をもう一度>>
 
 
 
 
 
 

trackback URL

| 生意気言ってすみませんでした |