インドシナ(8)~ストゥントレン
2010-08-15 Sun 00:55
ストゥントレンは「街」というより「一角」というべき所で、幾つかのゲストハウスと屋台が集まっているだけの所だった。
各方面に向かうバスやピックアップトラックの単なる「ターミナル」てゆうかんじ。
でも宿はとっても感じよかったな。一泊8ドル。安い。

CIMG4864.jpg

さっさとシャワーを浴びて、遅い晩飯を食いに外へ出た。

CIMG4865.jpg

大半が片付けを始めており、ここしか食うところがなかった。
おばちゃんは楽しい人だったが、蚊がすごい。

CIMG4866.jpg

カンボジアの食事について。
プノンペンやシェムリアップなら、それなりにレストランやバーもあり、洋食も中華も食える。
が、それ以外の街で食うものは悉く激烈にまずい。
僕は旅に出てしまえば、ヘビでも蛙でも虫でも食える、比較的食事にはおおらかな人間である。
が、カンボジアの料理というのは、肉料理も野菜料理も大量に酢をぶちまけただけという感じの、ちょっとあり得ない味なのである。
タイ・ベトナムという、かなり食文化のレベルの高い国に挟まれているとは到底思えないくらいまずいのだ。

カンボジアの人達は、これをうまいと思って食ってるんだろうか。

例えば土産物屋で売っている民芸品や織物。これらもタイやベトナムとは較べ物にならないくらい質が悪い。
ポル・ポト時代にカンボジアの文化は徹底的に破壊し尽くされたという。
伝統芸能なんかも芸人自体が殺されまくったので、再興が容易でないそうな。

そういう負の歴史の残滓が、こういうところにも顕れてるのかなぁと思ったりした。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

翌朝。

CIMG4869.jpg

CIMG4867.jpg

CIMG4871.jpg

インドを旅した時でさえウンコの固さだけは譲らなかった、鋼鉄の胃腸を持つ僕が、

大下痢。

あっあっあっ。
下腹部あたりに生命の拍動を感じる。
産まれる。産まれるよママ。

カンボジアのカブトムシ発見。

CIMG4873.jpg


いざラタナキリへ。レッツゴーひろみ!

CIMG4870.jpg

CIMG4876.jpg

よかったら応援クリックお願いします → FC2 Blog Ranking
関連記事
別窓 | アジア旅行記 | comments : 2 | trackbacks : 0 | ↑top
<<インドシナ(9)~ラタナキリ① | 生意気言ってすみませんでした | インドシナ(7)~ストゥントレンへ>>
はじめまして
自分はカンボジアの料理はめちゃうまいと思う派です
ベトナムやタイは変な匂い(香草?)するし辛いし、、、嫌いですねwww

タイカンボジアの陸路移動は結構面白そうですねー自分はいっつもついつい空路を使ってしまい、未だ未経験です
やっぱり、しんどいとかめんどいとか、そう思って避けていたものに敢えて突進してみると、そのしんどさが面白いのかも
2010-08-24 Tue 15:10 | URL | オマーン #JalddpaA[ edit ] | ↑top
はじめまして。コメントありがとうございます。

> 自分はカンボジアの料理はめちゃうまいと思う派です

まじですか。地方によるのかな。
僕もシェムリやプノンペンはうまいと思いました。
が、北部に行けば行くほどキリンのツノみたいな味になるのです。

僕は逆にパクチー大好きなんですよねぇ。面白いですね。


> ベトナムやタイは変な匂い(香草?)するし辛いし、、、嫌いですねwww
>
> タイカンボジアの陸路移動は結構面白そうですねー自分はいっつもついつい空路を使ってしまい、未だ未経験です
> やっぱり、しんどいとかめんどいとか、そう思って避けていたものに敢えて突進してみると、そのしんどさが面白いのかも
2010-08-26 Thu 23:45 | URL | りょう #-[ edit ] | ↑top
 
 
 
 
 
 

trackback URL

| 生意気言ってすみませんでした |