収入のはなし
2010-12-18 Sat 23:17
今日はいやらしい話をしてみようと思う(いつもいやらしい話ばっかりじゃないか、とか言わない)。

僕は三十歳までフリーターだった。居酒屋や工事現場やキャバクラで働いていた。
夜の仕事ばっかなのは、おねぼうさんだからである。
三十歳で、素人同然で今の仕事を始めた。
今、年収はフリーター時代の六倍くらいになった。

2010年度は体の限界ギリギリまで働いた。これ以上はもう無理。
僕らの仕事は「コマ給」なので、働いた分しかお金が貰えない。
つまり、これ以上は収入は増やせないということだ。
(もちろん結果を出し続ければ「コマ給」は微増していく。が、劇的に上がるものではない)

今年はあまりにしんど過ぎて、何度も「体がもう一つあったら…」と思った。
パーマンのコピーロボットみたいに。





ん?





んん~?





そうか。
体が二つあればいいんだ。





来年から新しいステージに入ろう。
「生きる」とはこういうことなのだ。

    (※)なお、生徒ほっぽりだして今の仕事辞めたりしませんから心配しないで下さい。
    「むしろいなくなれハゲ」とか言わない。


よかったら応援クリックお願いします → FC2 Blog Ranking
関連記事
別窓 | 仕事 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
<<大晦日がどうしたの | 生意気言ってすみませんでした | 乳と首のはなし>>
 
 
 
 
 
 

trackback URL

| 生意気言ってすみませんでした |