スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
インドシナ(19)~ワット・パーラックローイ
2011-01-30 Sun 06:54
目が覚めたのは、昼近くなってからだった。

昼間のナコーン・ラーチャシーマー。

CIMG5155.jpg

都会だ。

まぁわしは、こんな普通の街並みには用がないのである。
何故わしがこの街を訪れたかというと・・・、
ここナコーン・ラーチャシーマーには、

ある筋では非常に名の知れた「寺」があるのである。


その名は、


ワット・パーラックローイ。


第二バスターミナルからノーンタイ行きバスに乗り30分ほど。バス停はないが、行き先を告げておけば運転手さんが適当に降ろしてくれる。


CIMG5309.jpg

この坂道を20分ほど歩いた所に、それはある。


CIMG5168.jpg

CIMG5174.jpg

パオーン。

(註)ここは寺です。


入口を入ると右にお猿さん、左に兵隊さんの列が出迎えてくれるんですが、

CIMG5178.jpg

CIMG5184.jpg


もういきなりカオスでしてね、

CIMG5189.jpg

CIMG5205.jpg

CIMG5215.jpg

CIMG5235.jpg

CIMG5243.jpg

CIMG5240.jpg

(註)ここは寺です。


寺だから、ちゃんと賽銭箱もあるんですよ。
ほら。

CIMG5233.jpg

「ま、いいからカネ入れろや」


でですね、ただカネよこせなんて、ケチなことは言わないんですよ。
カネ入れると、こいつらが踊り出すんです。





すごいシュール。

もう何が何だかわけわかめ。

CIMG5288.jpg

CIMG5256.jpg

CIMG5261.jpg

CIMG5266.jpg

CIMG5300.jpg


CIMG5297.jpg

「ま、いいからカネ入れろや」


カネ入れると、骸骨がゲラゲラ笑いながらチャリンコ漕ぎ出すんです。



意味が分からない。


まぁ寺ですから、お坊様もちゃんといるんですが。

CIMG5281.jpg

ジュース飲んでますけどね。


実はここ、交通の便が非常に悪く、帰りの足がないんです。
んで僕が困っていると、一人のお坊様が近付いてきて、

「おや、君は日本から来たのかね」
「はい。でも帰れなくて・・・」
「そうですか。ではここの子供にバイクで停留所まで送らせましょう」





やっぱ寺でした。仏の加護は健在でした。





いよいよ最終地バンコクへ。
旅も大詰め。

CIMG5310.jpg

CIMG5315.jpg

よかったら応援クリックお願いします → FC2 Blog Ranking
関連記事
別窓 | アジア旅行記 | comments : 2 | trackbacks : 0 | ↑top
<<「主役」は誰だ | 生意気言ってすみませんでした | インドシナ(18)~タイへ>>
ワット・パーラックローイ

とググると、9番目にここがw
2011-01-30 Sun 19:19 | URL | さいたまでんぱ #GKnxTWd2[ edit ] | ↑top
そうなの?結構有名な寺なんだけどね。
2011-02-08 Tue 03:54 | URL | りょう #-[ edit ] | ↑top
 
 
 
 
 
 

trackback URL

| 生意気言ってすみませんでした |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。