スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
VIETNAM(9)~香寺
2006-09-03 Sun 19:03
ベトナム最終日。再びハノイに戻る。
ツアー参加は嫌いなので、とりあえずバイクを調達してハノイ郊外に出てみた。

バイクに乗っているベトナム人は皆、例の三角笠にサングラス、鼻と口には布を巻いていて、まんま月光仮面なんですな。
それを見てゲラゲラ笑っていたのだが、ようやくその理由が分かった。

日本とは比べものにならない、真上から皮膚に射込んで来るような日差しを防ぐというのもあるが、それより何よりものすごい砂埃。
郊外の大通りはさながら砂嵐である。目など全く開けていられない。

おまけにベトナムには交通標識がほとんどない(英語表記のものは特に)。
完全に迷子になる。これ以上走るとハノイに戻る自信がない。

というわけで自力で郊外を散策するのは諦め、やむなく香寺(Perfume Pagoda)へのツアーに参加することにした。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

6246013_106769189s.jpg

手漕ぎ舟で川を進む。
写真は涼しげだが、実は日陰がないので灼熱地獄。
同行のポーランド人死んでた。
「俺の国は冬は-20℃なのに~!!」と言ってた。


6246013_716419377s.jpg

いかにもベトナムな風景。


6246013_1104544004s.jpg

6246013_1400269783s.jpg

洞窟の中に寺院がある。神秘的。

6246013_456274575s.jpg

6246013_2994806724s.jpg

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

ベトナム。隣国タイとは全く気質の違う国だった。
人々の気性が結構荒い。絶対に譲らない。何度も掴み合いになった。
中国・フランス・日本・アメリカと、常に侵略されてきた歴史を持つ彼等にとって、西側の人間は所詮敵なんだろう。
そういうところは、さすが歴史上で唯一アメリカに黒星を付けた国なんだなぁって思った。

闘争心に火を付けたい人は、是非行ってみて下さい。

関連記事
別窓 | アジア旅行記 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
<<松井と日本文化 | 生意気言ってすみませんでした | VIETNAM(8)~カットバ島②>>
 
 
 
 
 
 

trackback URL

| 生意気言ってすみませんでした |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。