CAMBODIA(10)~旅の終わりに
2007-09-03 Mon 01:04
4753757_1552240715.jpg

最終日の朝、気球に乗ってみました。


4753757_1078007551.jpg

高っ。


4753757_3598200025.jpg

上空から見るアンコール・ワット。
この風景とも今日でおさらば。目に焼き付ける。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

【戦利品】

4753757_523304292.jpg

ペットボトル入れ
1ドル→2000リエル(0.5ドル)


4753757_2690747172.jpg


25ドル→7ドル

これからアジアを旅行される方に、値切りのコツを。
よく「言い値の○分の1が妥当価格」とか言う人がいますが、嘘です。
どれくらいふっかけてくるかは国や街によって全然違うし、もっと言えば売り子の性格にもよります。むちゃくちゃボろうとする奴もいれば、比較的良心的な売り子もいます。

まずは「しばらく滞在するから、また明日来るよ」的な態度で臨みましょう(たとえ最終日だとしても)。
最初の言い値ではもちろん買わず、立ち去ろうとしましょう。
すると大抵追っかけてきて、「じゃあ幾らなら買うんだ!言ってくれ!」と言ってきます。
しかし絶対に自分から価格を言ってはいけません。
安すぎる値段を言ってしまうと相手が怒り出して交渉終了になってしまいますし、高すぎる値段を言ってしまうとその価格以上は絶対に下がらなくなります。相手にイニシアチブを握られてしまいます。
「君がラストプライスを言えよ!そしたら考えるから」と切り返しましょう。
そこで売り子が提示してきた額がたとえ納得できる額だったとしても、また店を立ち去るそぶりを見せましょう。
これを何度か繰り返して、相手が追って来なくなれば、それが恐らく妥当価格です。
しかし同じものを売っている店は他にも沢山あるはず。他の店でも同様に価格交渉をしてみましょう。店によってかなり違うのが分かるはず。

ただ、あまりに強引or調子に乗った値切り交渉はやめましょう。
(日本人の僕が見ても不愉快な日本人旅行者というのは結構いる。特に団体だと調子こいちゃうんだな。ゲーム感覚なのか現地人をバカにしてるのか知らんが、相手には(日本人には想像できないほど過酷な)生活がかかっていることも忘れないでもらいたいものです)

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

CIMG3142.jpg

いつもおいしい食事と、最高にうまいフルーツシェークを作ってくれたサモン。

そして、写真は載せませんが、仲良くしてくれた沢山の日本人バックパッカー達。

よく「日本人はすぐ群れたがる」とかゴチャゴチャとうるさい“自称・旅の達人”さんがいますけどね。
カンボジア人だろうが日本人だろうが、んなこたどうだっていいんだよ。
この旅に出なかったら絶対に出逢えなかったであろう人達との出逢いがある。
それでいいのさ。

今回の旅の収穫は、壮麗なアンコール遺跡群でもなく、日本では考えられないほど安いカンボジアの物価でもなく、皆さんに出会えたことでありました。

本当にありがとうございました。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

4753757_2933876423.jpg

シェムリアップの街並み。


4753757_280728193.jpg

何度も通ったアンコール・ワットの西参道入口。
また来たいな。



来年はイランに行くぜ!中東デビューだ!

関連記事
別窓 | アジア旅行記 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
<<亀田の世界戦~本日のポイント | 生意気言ってすみませんでした | CAMBODIA(9)~サンライズ>>
 
 
 
 
 
 

trackback URL

| 生意気言ってすみませんでした |