スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
身の程を知るべき
2008-02-03 Sun 23:36
いろんなことの「閾値」が下がりすぎてるように思う。

歌手の倖田來未さん(25)が1月30日未明に放送されたニッポン放送「倖田來未のオールナイト・ニッポン」の中で、「35歳を過ぎると羊水が腐る」などと発言して苦情が相次いだことから、ニッポン放送と倖田さんは1日、それぞれのホームページで謝罪した。倖田さんは「皆様に不快な思いをさせてしまったことを心より深くお詫び申し上げます」と述べ、アルバムの宣伝活動を当面自粛するという。


この程度の言葉で「ひどい」だの「傷ついた」だの言ってる人々は、そもそも生きる資格がないんじゃないかとすら思う。
空気中の塵芥が気に入らないのなら、自分が無菌室に入って二度と出てこなければ良いだけのことである。

「社会的影響力のある人間は、発言に細心の注意を払わなければならない」
「弱者に優しい社会を」

自分の安寧のために、他人に「細心の注意を払わせる」人間。
そんなのが「弱者」なわけねーだろが。

人間以外の動物は、みな殺し合いながら、食い合いながら生きている。
人間だって、一部の脳みその代わりにメロンパンが入ってる連中を除いてはそうだ。

人にいちいち注文を出す前に、自分でどうにかせよ。
貧乏人のヒステリーに付き合ってるほど、倖田もavexも暇じゃないだろう。

どうしても腹が立つのなら、殴られたら殴り返すだけの力を持てばよい。
その力がないなら黙っとけ。力のない自分が悪いのだ。

有名人は無条件に偉いのだ。

(つづく)

関連記事
別窓 | 芸能 | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
<<有名人 | 生意気言ってすみませんでした | あけましておめでとうございます>>
 
 
 
 
 
 

trackback URL

| 生意気言ってすみませんでした |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。