スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ↑top
自殺について
2008-05-30 Fri 22:19
川田亜子アナウンサーが自殺しました。
僕は彼女について何も知らないので、それについてここで云々はしない。

それよりも、川田アナの自殺を批判したということで、電撃ネットワーク・南部虎弾のブログが炎上したそうな。

「そんな次元の悩みで、自殺を選ぶなんて」
「ただ育ちの良い世間知らずで、打たれ弱いお嬢さん、と思われてもしょうがない」
「ご愁傷様でした!」


確かに言い方の問題というのはあろう。死者に砂をかけないという美意識は日本人の心性に歴とある。

しかし、ブログを炎上させて溜飲を下げるような連中の側に、果たして「正義」はあるか。
倖田の件にしても、朝青龍の件にしても、亀田の件にしても、被害者でもないくせに「謝罪!謝罪!」と喚く連中には、自分より高みを飛翔する人間に対する腐った僻み根性しか存しない。

人の足を引っ張る暇があったら、そのキーボードをタイプする指の力の一割でも自分が前進する努力に換えれば、ちったぁましな人生になるであろうのに。

・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。・:*:・゜。・:*:・゜☆,。

言い方はともかくとして、南部さんの言には自殺に対する激しい蔑みがある。
そして僕は、それは絶対に正しいと思う。

以前、小中学生の自殺と、彼らが通う学校関係者の自殺が相次いだことがあった。
その時に書いた日記を、随時アップしようと思う。

(つづく)

関連記事
別窓 | ニュース | comments : 0 | trackbacks : 0 | ↑top
<<殴る男と泣く女と自殺者(1) | 生意気言ってすみませんでした | すごいぞハゲ&デブ>>
 
 
 
 
 
 

trackback URL

| 生意気言ってすみませんでした |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。